HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 30日

【雑記】続く暑さ

今日は気温は低めだったが、湿度が高く相も変わらず汗だくだった。時間割的には7分の6。忙しかった。英語の授業が3時間(英Ⅱ2時間+3年W1時間)。自分のHRの総合が2時間。別クラスの総合が1時間。英Ⅱはリスニング+単語+教科書本文と盛りだくさん。

リスニングではhyper listening elementary plusを用いての演習。リスニングは4択問題に答えることが主眼となりがちだが、聞いた話を再現する時間を確保している。グループで話された内容について情報交換をさせ、話を再構築させて全体に発表する流れだ。話を聞くことが主眼であって結果として設問に答えられればよいという発想だ。なかなか敷居は高いようだが、しばらく続けてみようと思う。

総合では3年次に向けた科目履修登録を2クラス分。本日締切のため、最後の駆け込み相談室の様相を呈した。単位制の本校では、多くの選択肢が各ゾーンに用意されている。入試科目を見据えた選択をさせるのだが、平成24年からセンター試験の地歴科目の枠組みに変更が加えられる。各大学の動向を探りながらの作業となるので、生徒にはかなりの負荷となっている様子。この教科選択関連の調査、なぜこの時期なのだろうか? 何とかならないのだろうか? 疑問に思いつつも指導に追われるJacquesなのだ。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-30 22:43 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 29日

【雑記】熱闘、甲子園へ

今日は授業が全くなかった。というのも、野球の支部予選を全校生徒で応援したため。球場のあるK市はとても暑かった。三十路も半ばを越えたJacquesは日焼け止め(298円,SPF50+)を生まれて初めて使ったが、それでもひりひりする。恐るべし太陽の力。

さて、試合はコールド勝ちを収め望みをつなぎました。Jacquesは趣味の写真撮影に没頭。かれこれ50枚くらい撮りました。シャッタースピードもうまくいったようでボールやバットスイングの瞬間を何とか切り取ることが出来ました。

Jacquesが担当する新聞局の生徒達も取材に精を出し、今日のうちに野球全校応援を特集した新聞を作成してくれました。写真撮影も腕を上げ、レイアウトや写真の扱いも上達したように感じます。

帰校後は学校祭準備に精を出していた生徒達。本当にタフです。Jacquesは成績会議に臨んでいました。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-29 21:52 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 28日

【授業日誌】最近のtask sequence(W編)

当地はこの頃本当に暑い。学校も風が抜けにくい構造になっているため、教室も職員室も酷暑状態。今日あたりは外の方がよっぽど涼しい。今日も汗をかきながら授業を3つ行った。

閑話休題。

最近のWのtask sequenceを。

1)例文の音読練習
教科書(PRO-VISION)の各レッスンの例文をひたすら音読練習。最初はリピート(チャンク毎→全文)。次に日本語→英語で練習。フレーズ等の説明・確認を行った後、ペアに分かれて同様の練習。さらに、ハンドアウトを用いて、3種類の音読・再生練習。1種類目は例文で使われる語の頭文字を見ながら例文を再生。2種類目は重要表現を抜いたセクションを用いての再生練習。3種類目は日本語を英文のチャンク毎に並べたセクションを用いて再生練習。時間があればもう1種類のハンドアウトを使って並べ替え(翌日の冒頭に持ち越すことも)。ここまでで授業の25分(極力後半を使うことにしている)。

1’)前時に扱った例文の音読練習

2)扱われている文法事項の説明
forestの該当箇所を黙読させ、重要(と思われる)事項にアンダーラインするよう伝えている。補足がある場合は読み合わせ形式で確認。文法は1年次でほぼ学習済み。また、例文の細かい部分(冠詞や動詞の形etc)についても、なぜそうなっているのか確認する。

3)practiceの演習と解答
プラクティスは3部構成になっていて、A・Bは文法事項を用いた演習、Cは和文英訳。この段階ではAとBを時間を区切ってやらせている。制限時間が来たらペアで解答を確認し、全体で確認。ペアで確認させる場合には極力音読させるようにしている。

1’)~3)でほぼ1時間

4)practiceの解答
和文英訳の部分を予習として提示し、授業の冒頭で解答。1学期中間考査までは並べ替え&空所補充のタスクに作り替えていたが、今はチャンク毎の日本語に対して英訳をつける形式。中学校で習っているはずの事項もアクティブレベルに達していない状況が見られる。これで約25分。

このほか、自由英作文は宿題として提示している(ことがほとんど)。指導書付属のワークシートを活用している。今はリライトもさせるようにしている。

Wは教科書によって扱い方ががらっと変わる性質を持っている。以前使っていvividは音声とコミュニケーション重視の構成だったため、音声を聞かせるタスクを多く行った。PRO-VISIONは構造重視なので、そちらの理解と運用に重きを置いて授業を進めている。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-28 22:52 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 19日

【授業日誌】最近のtask sequence(英語Ⅱ編)

2年が始まって2ヶ月ちょっとが経つ。現在の50分の授業構成はこんな感じです。

1)英単語ターゲット1400
月1回の英単語テストをにらみ、週当たり40~60語手を変え品を替え練習している。今は音読とペアワーク中心。所要時間は約10分。週に1回は発音された単語のスペルと意味を書かせている。20語出題し、スペリング・意味に各1点。合格点は30点以上。不合格者には「満点取るまで帰れません」と銘打ち追試を行う。追試にはそれなりの人数が回ることとなるが、最終的に「満点取るまで~」に残るのは3~4名程度。

2)Hyper Listening Elementary
週に2回はリスニングを行う。1回目はタスクに取り組む。一通り聞いた後でペアで話を再現してもらうことにしてみる。解答はこちらで与え、発話内容について生徒に当てて確認する。2回目はpartial dictation。表裏に空所の位置が異なる英文が載っているので、それを補いペアで確認する。

3)教科書(Power On English Course II)
ハンドアウトに沿って教科書を進めていく。現在のハンドアウトは、1レッスン4パートを前半と後半に分けて扱う形式。
フレーズの書き抜き(日本語+語数指定)→リスニング(概要把握)→ボキャブラリーの確認問題(家庭学習用)→リーディング(T/F、Q&A)→ディクテーション(名詞)→リーディング(指示語、文法把握のためのタスクetc)→ディクテーション(動詞、形容詞)→和訳付きクローズドテスト→(暗唱)→暗写テスト(和訳付き)
授業で扱えなかったものは宿題としている。

各タスクの合間に音読練習を入れるとタスクの達成率は格段に上がるようだ。極力生徒が英語を使っている時間を増やすような授業構成を考えてみたい。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-19 19:11 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 19日

【授業日誌】考査振り返りコメントより。

昨日で全クラスのテスト返却が終わった。以前のブログで、考査の問題用紙に振り返りを書かせたことはお伝えした。今回はその中からいくつかのコメントを拾ってみたい。

・自由英作文で点数がもらえて嬉しい。
・口で言えるだけでは不十分なことがわかった。次回以降は書く練習をしっかり行いたい。
・出直してきます。
・勉強の甘さを実感しました。
・覚えたところはしっかりと出来た。
(上記全てJacquesの記憶より)


色々なことに気付いたようだ。特に、3年生のコメント量に驚いた。結構びっしり書いているのだ。
今回気付いたことを今後の学習に活かす行動力があれば、英語力は必ずアップする。是非行動に移すこと(昔、反省だけなら猿でも出来る、というコマーシャルもありましたね)。思いつきで導入した考査振り返り。意外と大きな効果を生んだようだ。1人1人の答案に筆で返事を書かせてもらった。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-19 18:50 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 15日

【授業日誌】intakeに関する一考察

input→intake→outputの流れで授業を構築し始めて2年目。今回の考査(英ⅡもWも)もintakeが済んでいる前提での作問を行った。

で、感じたこと。それは「なぜその表現が使われているか」ということに関する理解もintakeには必要であるということ(今頃気付くのか?とお思いの向きもあるかもしれませんが)。具体的に言うと、「なぜ動詞がその形を取るのか」「なぜthe(a)がつくのか」という類のこと。こうしたことに対するデータベースを作ることがintakeの目的だと思うし、単なる丸暗記を脱却する方法であると考える。さらには、文法事項に対する認識や理解も深まるのだろう。「形」に意識を持たせながら暗唱・暗写を通して英文をintakeさせていきたいと思う今日この頃。

連日の暑さに頭も体も若干疲れ気味。急に暑くなる当地の気候に7年経った今も慣れずにいる。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-15 23:43 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 14日

【授業日誌】考査返却

今日はいずれのクラスも考査明け最初の授業。このうち、英Ⅱ2クラスでテスト返却(と予告済みの単語小テスト)。

テスト返却の時に、すぐには模範解答を与えず若干時間を取って「赤ペンで満点答案を作成せよ」という課題をこの頃は与えている。今日は、Jacquesが明日自習監督することになっている教科の先生のアイディアをそっくりそのままパクってみた(今朝の印刷室で得られたインスピレーション)。それは、「考査の振り返り」を答案に記入させ再度回収する、というもの。比較的機能したようだ。ケアレスミスに泣いた者、勉強不足を嘆く者、やったことが報われたという実感を持てた者、と様々な「過程」が浮き彫りになった。一つ一つにコメントを書き、明日以降返却。小テスト等で着実な進歩が見える者には、もう少しの辛抱だと伝え、努力不足が露呈した生徒には喝を入れるような文面にしてみた。

ラウンドシステムを導入したメリットのひとつは、生徒がやるべきことを明確化することが出来る点だと思っている。全体の平均点は6割なので、及第点か?

単語テストはかなり前に予告していたこともあり、失念している生徒が…。いつものごとく、追試で追いまくるのですが。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-14 22:27 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 12日

【雑記】卒業生来訪

昨日夜7時過ぎ、職場で採点に疲れ始めていたJacquesの携帯に電話がかかってきた。現在大学2年生の卒業生からであった。今近くにいるので、顔を出したいとのこと。もちろん快諾。

彼は3年間吹奏楽局で活動し、大学でもその道を究めるべく頑張っている。リーダー性や行動力もあって、大学の吹奏楽団で色々なことを立ち上げているようだ。その姿勢には自信が顔を覗かせる。

実はその彼、本当は国公立大学への進学を考えていたのだが、道内某私大に進学することを決めた。3年次で編入も視野に入れて考えておいたほうがいいよ、と伝えていた。今は非常に忙しい大学生活を送っているとのこと。色々あったが、きちんと与えられた状況の中で頑張っている姿にうれしさを覚えた。

夏休みにはこの地で凱旋公演を行うとのこと。予定は空いているようなので、是非おじゃましたいと思っている。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-12 20:54 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 12日

【雑記】考査週間終了

考査が終わり、次は採点作業。計7クラス分の考査のうち、2クラス分(英語Ⅱ)が終了。平均点は比較的良かった。全体の平均点は約6割。伸びが見られる生徒がいるか否かがとても気になるのだが、それは過去のデータとの比較は来週ゆっくりやることにしよう。残り5クラス分は3年のW。ちょっとだけつけてみたが、こちらは今後に課題を残す結果になりそう。

今日も休日出勤。明日の英検の準備と来週の科目履修ガイダンスの準備(Jacquesは教務)。今年一番の暑さの中仕事をした。

明日も英検で出勤。がんばります。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-12 19:48 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 07日

【雑記】ユメVSキク

考査明けに2年生に総合問題集・単語帳・熟語帳を斡旋することにした。そこで、今回はこんなことを仕組んでみた。

単語帳と熟語帳で候補を2冊ずつ示し、気に入った方を生徒に購入してもらう。(別名 「ユメ」VS「キク」 ちなみに出版社・価格はどちらも同じ)

単語帳は国公立2次までカバーするモノを、熟語帳は今まで斡旋したことがなかったが、ある程度事前に仕込んでおく必要があると判断し、斡旋することにした。当然見本も提示する。問題集などを買うことに慣れていない生徒達に、自分の目で判断しより使える方を選択してもらうのがその趣旨。果たして、どうなりますか。結果は後日、本ブログにて。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-07 20:13 | 雑記 | Trackback | Comments(2)