HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 07日

【授業日誌】Mon, 07/06/10

今日は英Ⅱ×1+W(2年)×1+W(3年)×1

英Ⅱは考査範囲が全て終了したので、既習Lessonの暗写テスト(パート毎)と暗唱テスト(レッスン毎)。暗写はここのところ合格している生徒が約8割。1年に比べて合格率は上がっているように感じる。特に嬉しいのは1年の時にはあまり合格していなかったが、2年になって頑張っている生徒が数名ながら存在する点。きっと考査でも良い結果が出るでしょう。

2年のWは今までのレッスンの例文の暗唱テストを兼ねた席替え。3文言えた生徒から自由に席を選択できるシステム。思いの外時間がかかったが、比較的再生率は高かったようだ。

3年は今日の授業の前半で考査範囲を終わらせ、後半はフリーライティングの添削。授業冒頭で例文テストを実施したが、今回は不合格者0。よく頑張りました。

明日はいよいよ考査問題を印刷しようかと。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-07 20:08 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 05日

【雑記】Jacquesの机は…

c0206356_17584256.jpg机の周りはこんな感じ。一番左にあるのは、針を使わないホチキス。前任校にいた時にオブジェ代わりに買いました。真ん中に高くそびえるのはスタバのタンブラー(北海道バージョン)。集めるのがもはや趣味となっています。一番右にあるこのミニカーはJacquesの愛車と同じです。好きなモノや頼れる方々とともにJacquesは仕事をしています。写真は去年買ったマイクロフォーサーズのカメラで背景をぼかして撮ってみました。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-05 17:56 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 03日

【授業日誌】Thu, 03/06/10

来週に考査を控え、大方考査問題(今回は2種類。いつもは1種類)を作り終えたJacquesは比較的余裕のある日々を過ごしている。

今回作成する考査は、2年次生向けの英語Ⅱと3年次生向けのW。3年次向けWでは自由英作文を出すのだが、Jacquesは自由英作文の課題(=出題内容)を予め予告し、添削指導を繰り返しながら、ほぼ完成した英文を覚えて当日に臨むという出題をしている。今その添削に大忙し(と言っても、余力は残っているのだが)。Jacquesが担当している生徒は33名。だいたい1/3は少なくとも1回の添削を終えている。初めていく学年だが、女子を中心に意欲的な取り組みが見られ、嬉しい悲鳴を上げている。

普段自由英作文の指導が出来ないことの裏返しなのだが、前担当していた学年でも2年後半でこの方式を始めてから下位層の生徒が比較的積極的に取り組んでくれた。2次試験で自由英作文が出題される大学を受験した生徒も、比較的自由英作文を苦にしなかったようだ。

そうした経験を踏まえ、今回も再びこの形式を取り入れた。自習室はにぎわっている。各教室でも放課後にグループで勉強する姿が見られる。北海道の高校生は(というと言い過ぎかもしれないが、某B社の営業の方が言っていた)考査に向けて取り組む意識が比較的高いそうだ。その条件を活かし、生徒の英語力を高めることができればと思っている。(もっとも、日常の学習が十分に行われなければならないが)
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-03 23:49 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 01日

【授業日誌】Tue, 01/06/10

今日から6月です。当地では高体連の大会も寒空のもとで何とか終了しました。勝っても負けても、何かが生徒達に残ってくれればと思う今日この頃です。

授業の方は若干のインターバルがあったものの、平常通り行うことが出来ました。

英Ⅱは(暗写テスト→)単語帳→宿題の確認→本時の内容(本文のディクテーション)を実施。暗写テストは1クラスのみの実施でしたが、不合格者は片手で足りるぐらいで収まりました。生徒のコミットメント(考査が近いというのもあるが)のたまものと思っています。

今日は授業内で実施した単語テスト不合格者の追試。
本番→20語読み上げ、スペリングと意味を書かせる。40点満点で30点以上を合格とする
追試1)→本番と同様
追試2)→満点とるまで帰れまテン(お試しかっ!のパクリ)

30名程度いた不合格者が追試1で4人まで絞られ、残った4人も1時間程度経った時点で全員合格し帰宅。追試2)では、生徒が1語完成させる度に○をつけ、間違った時点で勉強し直し再試験に臨むスタイルを取った。

Wは2年次の授業と3年次の代行授業。
特に3年次は考査前最終授業ということもあり、まさに時間との戦い。何とかかんとか終わらせるには終わらせたが、生徒によっては若干の積み残しがあったので、個別対応をすることにした。

考査の問題はほぼ出来ているので、あとは若干の手直しをして完成。頑張ります。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-06-01 23:44 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)