HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 29日

【授業日誌】Fri, 29/10/10

見学旅行明け最初の1週間は怒濤のように過ぎていった。ここから受験勉強の入り口に立ってもらいたいと願っているのだが、週前半は疲れが生徒達を支配していたようだ。明日は模試がある。本校としては最後の全員受験模試。かつ初めて地公・理科を受験する模試。さて、結果はどのように出てくるだろうか。結果も大事だろうが、この模試の結果を踏まえ、どのように学習プランを組み立て、実行に移せるかが鍵を握るだろう。

さて、今日は月に1度の英単語テスト実施日。今回から日本語を見て英語を認識できる、書けることが目標。思いの外生徒は取り組んでくれたが、不合格者が15名程度。年次全体の8%程度である。使える語彙を増やすべくこれからも単語との格闘は続いていく。昨日HRに足を踏み入れた瞬間、横にある黒板(通称サイド黒板)には、生徒オリジナルのレベル別英単語リストが書いてあった。むむっ、本気になりつつあるな? とちょっと嬉しくなった。

英Ⅱの進度が若干遅れ気味(不在時に他教科に時間枠を提供したので仕方がないのだが)。ハンドアウト作りも若干遅れ気味。週末に取り返します。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-10-29 22:04 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 26日

【授業日誌】時間の壁に敗北 Tue, 26/10/10

札幌、旭川で初雪の便りが届いた今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。ちなみに、この記事を書いている今現在、暴風警報が出ています。どうりで雨が横殴りになるわけだ。

授業はWも英Ⅱも音読練習。しこたま読む。家で授業の内容を思い出しながら出来るだけたくさん音読をするのが一番簡単にできる復習。授業で読んだとおり(CDで聴いたとおり)に再現できるかどうかがポイントです。30分未満でできるのになぁ。やると力になるのになぁ、といつも生徒にぼやいています。

英ⅡではGTECの案内。今回は基本はBasicを全員受験としながら、希望者にはAdvancedを受けてもらう予定。早速希望者が2クラスで4人出てきました。頑張れっ。

講習は諸般の事情で思い描いていた流れで授業が出来なかった。よって、15分延長の末に終了。惨敗です。読解を先にやり時間を十分にかけ、残った時間で文法事項の解答と解説を行うつもりだったが、真逆の流れにしたのが敗因。読解(設問を解く前提で)の時の頭の働かせ方を解説しながらやろうと思っていたのに…。外が暗くまで残って一生懸命やった生徒達よ、申し訳ない。

昨日作ったハンドアウトは、左側に本文(チャンク毎)、真ん中に和訳(チャンク毎)、右側に解答の糸口やら記述問題の採点基準を載せた。準備していて良かった。そうでなければただ解答しただけでおしまい。生徒の中には手も足も出ない者もいるので、授業内で頭を使わせるのは講習では必須要素。それが平素の授業とのささやかな差別化。時間内に収めるには重要度のランク付けが必要。まだまだ甘かった。その点は、相方の先生は非常に上手い。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-10-26 23:47 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 26日

【授業日誌】Mon, 25/10/10

見学旅行明け、フルスロットルな日常が幕を開けた。授業3コマ+LHR1コマ+60分版模試対策講習とめまぐるしく1日が過ぎた。

授業はいずれのクラスもブランクがあるので、互いに以前の学習内容の隙間(抜け落ちた学習内容)を補う内容。緩くいつも通りに戻していこうと考えている。

講習は文法語法問題(予習済み)45題を60分で説明・解答を行うというハードなもの(特に教員にとって)各文法事項特有のポイントを伝え、参考書で確認をし、時には相談させ、60分があっという間に過ぎていった。解答も与えるものと生徒から引き出すものと色分けをし、生徒がアクティブになるようにしたつもりである。終了後は分野別・形式別の出来不出来がわかるように仕組んだ書式を使って自己診断。時間通りに終わることと講習に参加して良かったと思わせる何かを伝えることとを両立させられるかがテーマ。明日は文法+読解で90分。時間との戦い。家で読解用のハンドアウトを作成。日付が変わってしばらく経った頃、ようやく完成を見た。極力作業を中心に、余計なことはしゃべらぬように気をつけよう。

今週末、生徒達は模試を迎える。復習のポイントを押さえ、是非自己新記録を更新して欲しい。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-10-26 01:13 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(2)
2010年 10月 23日

【雑記】帰ってきました。

今週水曜日に無事見学旅行から帰ってきました。大きな問題もなく無事旅程を消化することが出来ました。でも、帰着後は眠くて眠くて…。ここ数日爆睡モードです。帰着した翌日に10年研があったのですが、そこでも…。

来週月曜日から本格始動です。講習もあります。明日は準備をしに学校に向かった方がよさそう。ここからが頑張りどころであり踏ん張りどころ。頑張ります。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-10-23 18:04 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 16日

【授業日誌】Error Correction by Students

見学旅行前最後の授業。以前も書いたが、初期化が容易に行われてしまう生徒達の状況を見ると、どうも新しいレッスンに入るのも得策じゃない。そこで、今まで書いたフリーライティングを生徒に添削してもらった。分量は3レッスン分。

当然添削の甘さはあるのだが、今まで学習した文法知識を使い他者の英文を見直す良い機会となったようだ。辞書や参考書を使いながら添削をしていく生徒達。これから、書き手も読み手を意識して英語を書けるようになってくれればよいと願っている。それを受け、生徒達に清書をさせた。その清書を今度はJacquesが添削。ミスのない英文を仕上げた生徒も僅かだがいた。

今後定期的に授業に取り入れられそうな活動となった。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-10-16 00:17 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 15日

【雑記】明日から修学旅行

明日から4泊5日の修学旅行(当地では見学旅行、略して見旅と呼ぶ)に出発します。未だ準備万全とは言えませんが、生徒は黒板に書くほど楽しみにしています。うちのHRは、見学旅行まであと○○日、というカウントダウンを生徒が丁寧に書いていました。

明日は当地から飛行機を乗り継ぎ神戸に入ります。阪神大震災の爪痕を生徒に見て欲しいと思ったからです。その後は中華街と夜景を堪能します。

日曜日には平城京遷都1300年という節目を迎える奈良に行き、東大寺・奈良公園・薬師寺を見て京都入りします。

月曜日には金閣、清水寺といった定番箇所を学年全体で見学し、その後はクラス別研修。生徒のリクエスト(平等院鳳凰堂+北野天満宮+水炊き)とJacquesのわがまま(北野天満宮本殿昇殿つき+京町家見学ツアー)を組み合わせたコースとなりました。

火曜日は自主研修。関西方面を生徒達が独自のコースで巡ります。Jacquesもホテル待機が終了したら街を探索します。

水曜日は帰途につきます。新幹線で東京に向かい、品川で降り生徒達は自主研修。集合場所は羽田空港。そして当地へ。

何事もなく全員無事で帰れればそれでよし。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-10-15 20:31 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 13日

【授業日誌】Tue, 12/10/10 初期化

先週は出張だったため、帯になっているWは代行授業をお願いした。自然クラス単位の英Ⅱは他教科で時数が足りない科目の授業をお願いしやってもらった。

英Ⅱのクラスは、10日ぶりの授業となった。生徒の記憶がいともたやすく初期化されてしまう現実を目の当たりにした。見学旅行が今週末に迫った状況もあるのだろう。見学旅行明けに受験生予備軍の心構えを持たせ、どう試練に向かわせていくかを真剣に考えなければならないと実感。雰囲気を作る上で「数は力」。

提出物もだらしなく、廊下で、HRで、授業で「だらしない」と厳しめに説教。徐々にたるんだロープを張るがごとく生徒の気持ちを引っ張らなければ。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-10-13 00:10 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 11日

【雑記】明日から久々の…

授業、HRです。先述の通り、先週(学期始め)まるまる部活の遠征で学校を留守にしていたので。なぜかわからないが緊張しています。

今日はリハビリを兼ねて必要に迫られて学校でちょこっとだけ仕事をしました。事務的な大して時間のかからない仕事をしてきたのですが、休日出勤によって若干のキモチの余裕が得られました。

先日、視察研修に行った先生のレポートの話はここで触れたとおりですが、もう1人ALT関連の研修に行った先生も研修レポートを作っていたようでした。この先生、初任です。しかも、誰も指示していません。言われるまでもなくこうして自分の成果を伝えようとする姿にちょっとだけ嬉しくなりました。

出張は、自分のためだけに行くのではなく、組織を代表して行くものだと思います。だから、フィードバックは適切に行われなければならない。Jacquesがこう思うようになったのは今の学校に異動してから。そういう文化を何とか創れればと、ここ数年思っていた。少しでもそうした文化が根付きつつあるこの状況を、ちょっと嬉しく思った。

明日はForest Intensive Grammar Training Book3周終了日です。生徒はノートを提出してくることでしょう。提出しない輩もいると思われるので、手を打たなければ。繰り返すことで得られるものもあった(はず)。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-10-11 21:15 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 08日

【英語教育一般】他校に学ぶ&採点基準に学ぶ

今日、件の帯広出張から帰ってきました。オープニングで書道と吹奏楽のコラボレーションが見られるなど非常に印象深い大会でした。特に、当番を務めた十勝の各校は全国大会出場を見送った経緯がある。それだけに、かける思いはひとしおだったように感じた。

さて、今日学校に戻り、学期間休業中に視察研修に出かけた先生から話を伺った。相当刺激を受けて帰ってきた。取り入れられるものは柔軟に取り入れて行きたい。その話を約30分間。光景が目に浮かぶような説明&報告文書に感謝した。

そして、来週から随時始まる模試対策講習のテキストを相方の先生がすでにこしらえていた。相当予習を積まないと生徒の血肉となるような授業は出来ないな、と気を引き締める。B社のサイトから模試の採点基準のデータを引っ張り出し、実際に解答してみた。どこまで解答できるべきなのかを検討しながら。

英語に関しては、短期的な講習ではなかなか力がつきにくい。それでも伝えられるものはあるはずだ。生徒に「武器」と「戦略の見通し」を持たせることができれば成功と言っていいだろう。ゆっくり煮詰めることとする。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-10-08 22:21 | 英語教育一般 | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 05日

【雑記】帯広入り

c0206356_9165225.jpg今日全道大会が行われる帯広に入りました。4年間十勝地方にいた私にとっては、懐かしさ満点です。今日は北の屋台で軽く夕食。なぜか知らないけど見ず知らずの人とも話に花が咲くあの雰囲気が大好きです。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-10-05 20:35 | 雑記 | Trackback | Comments(0)