HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 28日

【授業日誌】Thu, 27/01/11

今日は英Ⅱ×2+W×2。久々に授業が多い1日となった。

英Ⅱでは前時扱った新出表現を確認しながらリスニングでレッスン全体の概要把握→リーディングを通してリスニングのタスクの完成という流れ。特にリーディングでは辞書を使いながらでも構わないから完全に自分なりの答えを埋めるよう指示。明日その確認を行う。

明日から週1度のペースで速読の投げ込み教材を使用することを決めた。速読用の素材に内容把握に関する4択問題が5つという形態。少しずつ暗唱・暗写の割合を下げ、多読の要素を強めたいと考えている。個々に見ると課題はあるものの、集団としては概ね力がついてきている。あとは数多く読ませることを念頭に置いて3年次を迎えたい。

Wは和文英訳の解答を軸とした授業。この頃upgradeの小テスト範囲を日本語→英語の流れで音読させている。和文英訳は日本語をこちらでチャンク毎に分け、それを英語にする形式で解答している。英語の語順で日本語を処理し、その語順に従いフレーズごとに英語を言わせている。ある程度予習も出来ているようで、若干のミスがあるものの順調に英語にしている。

が、比較はなかなか手強い。as ... asに関わる表現は特に苦手にしているようだ。

夕方、生徒の学習の参考になればと思い、キムタツこと木村達哉先生の「ユメ勉」を加工し生徒に配布すべく資料を印刷した。何人か伸び悩んでいる自分の受け持ち生徒には貸し出して読んでもらった。読んだ生徒は素直に実行に移したらしく、力をつけているようだ(3年生にも貸し出し、その生徒達は大きく瀬センターの得点を伸ばした)。3年生0学期を迎え、生徒の意識も学習に向いてきたようだ。学習法の提示と、上位者・下位者それぞれを対象にした添削指導も相方の先生と協力して進めていくことになりそうだ。上位者向けには多読を指向した課題を、下位者向けには文法を強化できるような課題が用意されることになるだろう。でも、肝心なことは手持ちのものを完璧になるまでやり込むこと。この必要性はことある毎に強く伝えていかなければならない。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-01-28 00:03 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 26日

【雑記】「は」と「が」と冠詞

今日は自分が担当しているクラスのうち5分の3の生徒がスキー学習で学校を留守にしたため、授業自体は2クラス(英Ⅱ+W)のみ。午前中は事務的な仕事が効率よく出来た貴重な1日だった。

放課後は平成24年度入学生教育課程策定のための教科部会。単位の半期認定や、現在授業+LHR+総合を含めて週32時間で組まれている教育課程の授業数削減を含めた教科内での意見集約が目的。落ち着くところに落ち着いたというのが話し合いを終えての感想。教育課程が複雑な本校では、説明もしどろもどろ。教務的な部分はやはり知識が問われる。勉強不足を実感。25年度もある程度見据えなければならないのが問題を更に複雑にしている。

ALTから、「は」と「が」の違いについて聞かれ、しどろもどろになりながらちょこっとだけ説明。これって、私たちにとっての冠詞に非常に近いなぁ、と説明しながら思った。日常ではそんなに意識しない。皆さんならどう説明しますか? ALTは本当に日本語が堪能なので、英語科の教員以外ともコミュニケーションをとれるのが最大の強み。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-01-26 00:10 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
2011年 01月 24日

【授業日誌】Mon, 24/01/11

今日は英Ⅱ×2+W×1

英Ⅱでは1レッスン分の要約を課してあったので、グループで発表したのち、グループで選抜された生徒が全体で発表するという段取り。トピックセンテンスに注意を払わせたかったので、1段落から1文をとりあえず抜き出し、つなげるだけでよしとした。そのままではつながりが良くないと気づけるかどうかミソ。つながりが良くないならば、どうすればよいか? そのレベルまで思考が高まってくれるとよいが、これは今後の課題となりそうだ。

また、全文ディクテーションの解答も行った。ディクテーションの所要時間はそれほどかからなかったようだが、必要な時間をかけることが出来たかどうかが鍵。自分のペースで一時停止や巻き戻しができるかどうか。その労をいとわないかどうか。

WではフリーライティングのリライトとALTによるチェック。SVの語順が未だに徹底できない生徒がいる。意味順ノートで語順は正しくなるよう下書きはしているはずなのだが。語順に対して意識が向かなければ、英語を学習する上では致命傷。

授業は明日も続く。この頃は早く家に帰るよう心がけている(といっても3時間程度は残業しているのだけど)。ここ1週間は実行できているので理想的か。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-01-24 20:25 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 21日

【授業日誌】Fri, 21/01/11

今日は英Ⅱ×2+W×1(3連発)

英Ⅱでは休み明け試験を返却し、教科書等を用いて満点答案を作らせ、今回の取り組みの総括と今後の学習に向けた決意表明を答案に書かせて再度回収。今回のテストは暗写形式の出題が計40題(教科書の一部、単語帳の例文、しかも1問1点)とGTECのステップアップノート、教科書の本文で計100点。平均点は今までの休み明けテストで最も良いものとなった。ちなみに、今回のテストの得点分布を見ると、次の4つに生徒の現状を明確に分類することが出来た。

1.英語力があり、課題の取り組みが良好
2.英語力があるが、課題の取り組みが甘い
3.英語力は発展途上中で、課題の取り組みが良好
4.英語力は発展途上中、かつ課題の取り組みも甘い

当たり前といえば当たり前の分類だが、大問の出来不出来でこうした傾向をつかむことが出来るのは興味深い。生徒にもこの分類を提示した。こうした傾向がリニアに点数に出た点で、今回の考査は有益だった。やった生徒は素直に伸びを実感していたようだ。「点数が伸びて嬉しい」とコメントしたのは、苦手ではあったが徐々に伸びてきている生徒の弁。

Wは自由英作文に取り組ませ、生徒にペアで発表させ、そのあとクラス全体に発表させた。「意味順ノート」を生徒に配り、語順については大きなミスもなく英語を書いていたようだ。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-01-21 21:41 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 20日

【授業日誌】Wed, 19/01/11

今年初めての授業日誌。

昨日は英Ⅱ×2+W×1

英Ⅱは暗写テスト。若干練習をした後にテスト。今回から1文正解で1ポイント、という形式から、下線部(ところどころ単語は示されている)が正しく書けて1ポイントという形式に改めた。難易度が高めの英文だったため採点方法にマイナーチェンジを加えた。ちなみに、昨日はレッスンの後半部分のテスト。前半部分より格段によく取り組んでいた(前半部分は冬休み明け最初の授業で取り組んだというせいもあるが)。

英Ⅱではリスニングをやっているのだが、ほぼ全文ディクテーションを課題として与えてみようとただいま画策中。自分のペースで一時停止しながらディクテーションし、全文を完成させる課題を考えている。

WはPracticeの解答。関係詞を用いて2文連結ができない状況が見えたため、考え方を少し伝える。関係代名詞と関係副詞の使い分けが理解できていないようだ。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-01-20 06:36 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 17日

【雑記】センター試験にまつわるあれこれ

昨日、センター試験が終了しました。受験生の皆さん、大変お疲れ様でした。

今年の問題を解いてみたが、「だまされる」要素が格段に減ったなぁ、という印象。特に読解問題(第3問~第6問)は随分素直に。本校の成績分布を見ると明らかな2極化。8割以上得点できている生徒から、下は50点台まで。センター試験の是非はともかく、英語Ⅱまでをしっかりやっていれば最低でも平均点に届いて欲しい。

一方のリスニング。とりあえず聞こえてきた語に合わせて選択肢を選んでしまうと引っかかってしまう。私も自分で解いていて何度か再生し直した問題が…。

毎年センターは解いているのだが、集中力が足りないなぁと反省することしきり。

形式にとらわれず解答できる英語力を育てることが大切だなぁ、と痛感しました。

センター試験に合わせて、2年生も過去問でセンターに挑戦。問題は平成21年度のものを使用。Jacquesが3年生を担当していた時のものです。筆記は全国平均115点に対し、85点。この段階で平均点を超えているものが10名程度(ちなみに参加したのは60名弱)いるので、今後伸ばし甲斐がありそう。とりあえず80点台くらいまでの生徒は何とか3桁に乗せるのが当面の目標か? リスニングは全国平均24点に対し23.5点。びっくりした。これも今後鍛え甲斐がありそう。心してかかります。2月に初めてのマーク模試があるので、そこを上手く乗り越えて欲しいと思います。そのために冬休みから講習でマーク式に取り組んでいるのだから。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-01-17 20:24 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 13日

【雑記】本格始動前夜

火曜日に実家から戻り、水・木とゆっくり休ませてもらいました。

昨日ちょこっと職場に顔を出し、休み明け試験の改訂の打ち合わせ。量が多いなぁと思い作ったが、案の定修正意見がついた。英文を書かせる問題が多いので、どうしても量は多くならざるを得ないのだが。この頃作るテストは範囲が多いこともありどうしても量が多くなってしまう傾向にある。要反省。早速修正した。

明日は打ち合わせがある。本格始動への序章といったところか。土曜日はセンター試験の問題を解く年次の取り組みのため学校へ。本番に合わせて実際に問題を解いてみるというのがその趣旨。60名近くの生徒が参加予定。もうあと1年なのだ。

次年度のことも頭に置きつつ、2011年のスタートを切ることにしよう。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-01-13 23:35 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 09日

【雑記】一息つきます。

10年研も悪天候のなか何とか終わりました。札幌の冬の厳しさを久し振りに体験しました。正直甘く見てました。

研修は教科2日、生徒指導1日の計3日。特に教科は有益でした。夏の研修にもらった「評価と指導の一体化」を踏まえた指導案作成とプレゼン、ALTとのTTによる模擬授業立案と発表、先輩教員によるワークショップと、盛りだくさんでした。

やらなきゃいけないことはたくさんある。やれることから着手できるかが大切なのだと感じた。

怒涛のように過ぎた1月第1週。少しスローダウンしている。買い込んだ本を読み、ハンドアウトを自分のペースで作りながら今週を過ごしたい。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-01-09 20:12 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 05日

【雑記】これから10年研

おはようございます。

これから10年研です。余りに早く着いてしまったのでコーヒー飲みながら更新している次第です。
はこれからプレゼンやります。全て英語。盛りだくさんです。英語系の研修はリラックスして参加できるのが非常に心地よいです。同期の皆さんからも刺激を得てきたいと思います。

では、そろそろ出かけるとしましょうか。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-01-05 08:55 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 03日

年の初めに

明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。

英語教育関連のブログを見ていると、年明け早々から精力的に動いて
おられる先生方が多く驚いています。

今年は3年計画の3年目、気合いを空回りしない程度に入れて取り組む所存です。
授業ではどれだけ多くの英語を生徒たちに触れさせられるかが今年の目標です。副教材もその辺りを選んで決めました。また、基礎力のない者、上位者に対しても打てる手をどんどん打たなければならないでしょう。

この1年、頑張りがいのある1年になりそうです。頑張ります!本ブログ共々宜しくお願いします。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-01-03 13:21 | 雑記 | Trackback | Comments(0)