<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 28日

【雑記】研究会に参加して

土曜日に件の研究会に出席してきた。昨年12月に札幌で行われたものと内容は基本的に同じ。よって、札幌の会にも出席したJacquesにとってはよい復習の機会となった。一度聞いただけでは忘れてしまう。復習の必要性を実感した会となった。

その後は懇親会。といってもこぢんまりとした会だったのだが。いろいろと情報交換でき有意義だった。夕方5時から始まり、12時近くの3次会まで延べ7時間。Y氏とゆっくり飲めたのが収穫。Y氏も「Jacquesと飲みたいと思っていた」と言われ驚きを隠せなかった。

各校の実践事例を見るにつけ、頑張っている学校は中心となる方の顔が透けて見えるのが共通点だと感じた。しかも、多くの学校で同世代の先生方(30代半ば)が中心となっているというのが何とも興味深かった。本音を言えば、うちの学校でも40代の方がリーダーシップを取るべきなのでは?とずっと思っていた。最年少の私が…、という思いはどこかにくすぶっていた。B社の営業の方に明確に否定された。「結果が出ているのだからそれでいいのではないですか。」おっしゃるとおりである。

地域的な課題は山積である。英語科教員同士のネットワーク化は必須の課題だろう。教員の学びの機会は極めて少ない当地域。ならば求める気概が欲しい。特に初任者が多い当地には。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-02-28 06:54 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 25日

【雑記】研修会のち研修会

昨日は考査初日。そしてB社の方を招いてのGTECの分析会。

B社の本校担当者は実にエネルギッシュである。昨日本校に来て、明日管内で英語指導研究会にも登場する。そして必ず前向きなフィードバックを残して学校を後にしていく。昨年1・2年次生全生徒を対象に実施を始めた。はじめて経年比較が出来たわけだが、それを踏まえて昨年とは違う視点で見ることが出来た。例えば伸びについて。リスニングのスコアが初回受験時に高いと、RとWの伸びも高くなる傾向があるようだ。今年度の1・2年次はリスニングが強みとの分析を頂いた。明日、管内の先生方とも情報交換ができればと思っている。

B社の方を招いての研修会が終わった後、教科部会。少人数で行っている1年次対象の文法の授業を習熟度にしては?という意見が出された。以前もブログで書いたのだが、効果的があったという事例は極めて少ない。成績が伸びない→習熟度というのは何とも安直な発想に私には写るのだ。それよりも、文法指導の方法を見直し、その上で習熟度が必要ならば導入する、という視点の方が健全な気がしている。文法において、何をもって「上位」とするのか? 釈然としない。模試の問題が解ければ上位なのか、それとも運用が出来れば上位なのか? 下位は理解だけ出来ればよいのか? 習熟度は語学学校等では必要だろう。受講者に明確なモチベーションがあるからだ。指導する内容を精選して、運用レベルまで求める文法事項と、読解に使えればよしとする文法事項とに峻別し、指導していくことで文法力(この言葉もいまいち定義が曖昧だが)の向上は望めないのか? 方法論も同様。教員が教え込み文法の理解度・定着度が上がるとは思えない。今日同僚の先生と朝一でそんな話をした。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-02-25 23:01 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 24日

【雑記】今日から考査

今日から考査が始まります。考査の日は基本的に最大3時間授業なので、午後には色々な会議が入ってくることになる。今日は12月に行ったGTECの分析会をB社の方を招いて行うことになっている。同時に今年度の総括と来年度のことを見据え教科部会を開く。あっという間に3月になり、新年度を迎えることになるだろう。この時期に次年度を見据えて話し合いを持つことでスムーズに新年度を迎えられればと思っている。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-02-24 06:59 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 21日

【授業日誌】Mon, 21/02/11

今日は英Ⅱ×1+W×1

どちらも考査範囲は終わっているので、復習を軸とした授業展開となった。英Ⅱではリスニングの最終回を迎え、冊子を回収し大まかな結果を確認。後半になるにつれ20点満点で15点が大勢を占めるなど、生徒がリスニング力を伸ばした軌跡が透けて見えた。リスニングはうちの年次の生徒がGTECで最も伸ばした分野であり、かつ模試でも正答率が高く推移している分野である。一方、全文ディクテーションの取り組みが甘めである。目的意識のある生徒は当然全力で取り組んでいるのだが、解答する時間に全文を書き写している何とも意識の低い生徒が散見される現状。それが自分のHRだったりするので、なおさらがっかり。まずは生徒に、そしてやらせ切れていない自分に。暗唱は時間内で裁ききれないほどの長蛇の列。その光景を見て奮い立つ自分がいた。

Wは添削しきれずにいたフリーライティングの添削を生徒に委ねた。添削者としてよく見ている生徒も出てき始めた。当然生徒が添削した後をJacquesも添削するのだが…。語い・語法にとどまらず、話の流れに言及している生徒もいる。一文単位でのSVの組み立ても比較的出来るようになってきている。成長の跡がこんな所にも現れている。

放課後は生徒との面談+自習している生徒の様子を見学。Wの授業で紹介したマインドマップを使って要点を整理している生徒が現れた。書くことにとらわれ、結局全てが円上につながっていると生徒は言っていたが…。マインドマップはドラゴン桜でも紹介されていて、歴史等の事項をまとめるのに有効である。英語学習への応用例を取り上げている本は以前本ブログでも紹介させてもらった。小論文指導で担当している生徒にも紹介した。

週の初め、いろいろやることはあったが、考査が出来ているのはちょっとしたアドバンテージか?
[PR]

by jacques_southhill | 2011-02-21 21:16 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 18日

【授業日誌】 Fri, 18/02/11 考査前につき

今日は英Ⅱ2コマのみ。まずは毎週最終授業にやっている速読トレーニング。韓国の古墳についての話だった。生徒に10分間で速読させ、終わったら各自裏面に印刷されている解答・解説を読み、10分経ったら音読することにしている。必ず最後の問いは"What is this passage about?"なのだが、ここの読みがいまいちよろしくない。個別の事象を追うことも大切なのだろうが、概要を把握することも等しく(場合によってはそれ以上に)大切なはず。現在は設問の根拠に下線を引かせながら読ませているが、今後はキーワードにも注意を払わせた方が良さそうだ。

その後は考査範囲の英文の暗唱。1パラグラフを選び、その場でJTEがパラグラフを指定し、生徒は練習の後JTEの前で穴埋めのハンドアウト(和訳付、ところどころ英語付)を使いながら暗唱する。生徒は準備が出来たら列に加わり、列に入ってもなお練習を重ね、そして緊張しながら発表する。合格と言われホッとする生徒達。この頃生徒の発音が良くなっている感じを受けている。個別の発音はまだ改善の余地があるのだろうが、リズムが良くなっている。コーラスリーディングではそれなりに発音できているように聞こえるが、個別に読ませる(暗唱させる)と日本語読みになっている生徒が以前は相当いた。生徒のimprovementを感じながら授業を進められるのが暗唱・暗写を軸とした授業のメリットの1つであろう。

空き時間+家庭学習で考査の原案が何とか出来上がった。今回はWの作成担当。例文の復元を軸に、upgradeで扱った事項+自由英作文で100点分。週末は有意義に過ごせそうだ(多分英Ⅱのネタ作りにいそしむのだろうが)。

昨年3月に本校から異動した先生より本ブログに投稿があり、嬉しくなった。暗唱暗写方式に切り替えて2年。1年生の模試での伸びが著しい。1年間で3ポイント近く上昇し50の壁を遂に打ち破った。嬉しくもあり悔しくもある。自分の年次で是非実現したかったからだ。また、自分が担当する年次では、優秀者(偏差値56以上)を発表しているのだが、英語の該当者が今までにないくらい多かった。相方の先生と「気分がいいですね♪」と会話を交わした。

結果が良かったからといって気を抜くわけにはいかないが、好ましい結果に対しては肯定的に捉えることが大切だと実感(生徒によっては良い状況を肯定的に捉えられない者もいる)。

英検面接シリーズも今日で終了。何とか合格できそうなレベルになってくれたか?
[PR]

by jacques_southhill | 2011-02-18 23:37 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 18日

【雑記】英検面接対策

今回の検定から教科として英検面接対策に乗り出した。

Jacquesも自分のHRの生徒を中心に面接練習を行った。ある時は対象生徒全員で、ある時は個別に。コツをつかませることを第一の目標に据え、実際の面接さながらに評価し練習している。普段の授業で暗写以外のアウトプットを充実させることが必要だな、と痛感している。最初はうまくいかない生徒が練習を経て上達していく姿には何とも快感を覚える。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-02-18 07:16 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 14日

【雑記】結果

その1 GTEC
帳票も整い、生徒に返却した。簡単に面談した後、各自が帳票に目を通し要点をレポートにまとめていく。英作文に対するフィードバック(英文)を日本語に訳して書かせた。伸ばした生徒で約120点ほど昨年に比べ上昇(下がっている生徒もいるのだけれど…)。全体でならしてみると標準的な伸び幅に落ち着く(1年間の標準の伸び幅は30~40ポイントらしい)。1年次・2年次の成績上位者を同列に並べ一覧表を作成し各HRに掲出。2年次生よ、1年次生から刺激を受けよ! そしてここから先の学習行動につなげよ!

その2 1月記述模試
データがDL可能となり早速見た。偏差値50以上の人数は変動なし。しかし、偏差値60以上の人数が増えた。これは素直に喜べる結果である。当然課題もあるのだが…。受験者数が過去5年で最高だったことを考えれば、まずまずの結果か?

その3 2月マーク模試
形式に対する不慣れが表出した形となった。「時間が足りない…」と感じた生徒が多数。生徒には「与えられた時間を更に細分化し、その中でほどほどの仕事をするイメージで」と伝えた。各大問はいわば生徒がしなければならない仕事。それを80分という枠の中にどう収めるかが問われている。第1問という仕事は○分で片付けよ…、というイメージ。タイムキープを自分で出来るかが問われている。手がつけられなかった仕事をどれだけ減らせるかが重要(小手先であるのは十分承知)。最大のテーマは「読解の時間を捻出すること」である。そのためには、第1問~第2問は秒殺でいきたいところ。そうしたメリハリを今後の練習の中で身につけさせたい。

その他(結果とは関係ありませんが)
今日は「施し」を数多く受けた。「余ったので…」といいながら持ってくる生徒もいれば、思いがけず施しをくれた大人の方もいた。ありがとうございました。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-02-14 20:24 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 09日

【授業日誌】 Wed, 09/02/11 

今日は英Ⅱ×1+W×2

英Ⅱではここ2~3時間やっていた1レッスンの音読の後、宿題としていた英英辞書の定義のタスクを行い、ディクテーション+暗唱で締めた。比較的順調にタスクが進んだ1日となった。このクラス、私の英語使用率が最も高いせいかどうかは定かでないが、GTECのリスニングのスコアが他クラスに比べ群を抜いて高い。音読の声もよく出ている。進度も順調なので、考査範囲の復習に時間を費やせそうだ。

Wではupgradeの音読から授業開始。見開き2ページに日本語訳と解答が記号で載っているので、日本語→英語の流れで音読。今日扱ったのは比較。来週最初の時間で小テストを行う範囲である。分量も多く時間がかかるが、自主学習に完全に任せるよりはよいと思い取り組んでいる。授業でやったことを元に家庭学習に取り組むサイクルが出来上がればよいと思っている。あとはクラスの進度により和文英訳を行ったクラスと、新レッスンの例文の音読練習を行ったクラスとに分かれた。和文英訳では、日本語の一文をチャンク毎に区切って与えるようにしている。躓きのポイントが分散される点、チャンク毎の和訳のポイントが集約される点がメリットだと思っている。解答する生徒にとっても負荷が軽減されていることを期待する。

今日英検の結果が郵送されてきた。ネット社会なので事前に結果はわかるのだが。2級不合格者が結構多かったのが今後に向けた課題か。2次面接対策も教科の体制として始めた。Jacquesは事前にペーパーで解答させている。これから本格的に面接開始。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-02-09 21:28 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 07日

【授業日誌】Mon, 07/02/11

今日は英Ⅱ×1+W×1。

WではALTとのTT。提示した例文を使って何とか自分自身のことをアウトプットさせたいと思い、枠組を用意し生徒に書かせ、ALTの前で口頭発表してもらった。うちの生徒はのんびりしているなぁ、と実感。素早く作り上げる姿勢が若干足りなかった。ALTともその点を反省。ちなみに実際に使わせた文の形は…

・比較級の強調
・比較級 and 比較級
・The 比較級~, the 比較級….

主語を入れる枠、動詞を入れる枠、比較級を入れる枠をそれぞれ用意し、負荷を下げたつもりだったが…、生徒は比較級には何でもmoreをつけたがる。知っていると使えるは違うんだなぁ、と実感。

英Ⅱでは1週間かけて仕上げたディクテーションの解答→本時のリスニング課題→教科書の音読→教科書本文の表現を使ったupgradeの問題を提示し演習し終了。

ぼちぼちテストのことも考えなければならないなぁ。

追記 今日生徒に添削課題を提示した。難しめの入試問題を辞書を引きながら読んでもらう「入試問題を読書する」コースと、基礎的な文法事項をgrammar in useシリーズを軸に振り返っていく「英文法を使いこなす」の2コース。Jacquesは「入試問題を読書する」コースの課題作成を担当。1度目は東大の要約問題を使うことにした。あくまで題材を読書することが目的なので、問題を解けるかどうかは二の次。添削にしては人数が30名弱と多くなったのでフィードバックをどうしようかただいま思案中。本当はface to faceで向き合いたいのだけど。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-02-07 22:11 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 05日

【授業日誌】Fri, 04/02/11

この頃の授業を簡単に振り返ってみる。

英Ⅱでは、年明けから新たに全文ディクテーション(自分の持ちクラスのみ)と投げ込みでの速読(年次全クラス)を始めた。今までもディクテーションはもちろん行っていた。ただし、それは授業内での取り組みのみにとどまっていた。家でもCDを聞かせるためにはどうしたらよいか…。考えた末に、ディクテーションを1週間かけて家で取り組んでもらうことを思いついた。流れは次の通り。

・授業内で演習
・当該レッスンのディクテーション用のハンドアウト配布(ただ罫線と注意事項が書いてあるだけ)
・家庭で全文を復元する(自分のペースでポーズを置いても構わない)
・1週間後の授業でスクリプト配布
・授業内で採点
・回収
・点検
・返却

細かいミスはあるものの、思いのほか生徒はまじめにやっているようだ。

投げ込みの速読演習は週1度、10分間を使って実施している。若干教科書よりも易しめのレベルで、400語前後の英文を読ませている。3年次になったら(本当は2年次後半から)多読に持って行くための橋渡し的役割も担っている。内容に関する4択問題を4~5題解答する形式である。だいたいの生徒がノーミスまたは1ミスである。が、生徒によっては後半の読みの精度が格段に落ちる者もいる。英語力にももちろん問題があるのだろうが、集中力の問題もあるように感じている。

Wでは、マインドマップを使って文法事項を説明している(試行であるが)。例文は文法項目毎に分かれているので、コアとなる文法事項から幹が伸びるかのごとく各事項が網羅されるようにしている。これはドラゴン桜でも紹介されている方法。マインドマップを用いた(英語)学習の本を数冊買い、自分流にアレンジして使っている。もともとは「1」を複数抱える自分のクラスの生徒に何か提示できる学習方法はないか?と考えた末、マインドマップを活用しようと思って買ったのだが、やはり英語授業に応用する方向になっていった。やはり自分は英語教員なのである。

昨日、昨年12月に実施したGTECのデータがリリースされた。伸びてはいる。伸び幅としては平均的なものだったようだ。リスニングでのスコアの伸び方が大きく驚いた(もともと低かったのもあるが)。成績表が帰ってきた後、生徒にどうフィードバックしていくか。今から考えておこう。教員側は、このデータを元にB社の方から説明してもらうことで研修を深めることとなる。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-02-05 18:32 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)