<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 29日

【雑記】文科省・ブリティッシュカウンシル共催セミナー

全国から高校教員だけではなく、指導主事の方々や大学教授まで約200名が参加した。会場の講堂は満席となった。全国で「英語力を強化する指導改善の取り組み」で指定を受けた学校が130校程度。ほぼ指定を受けた学校からは参加者があったようだ。

さて、今回のテーマは「candoリスト」である。CEFRの有用性、candoリストが日本の英語教育に及ぼす影響、CEFRの影響を受け英語教育改善に舵を切った中国の事例、福岡県立香住丘高校の実践例、さらには4者のシンポジウムなど非常に盛りだくさんな内容だった。

強調されていたのは、「まずは作ってみる」という姿勢。日々の授業をcandoステートメントを作る視点で再構築すること、数値的を前提に作成しない方が良いこと、協働が重要であることが今夏のメッセージであると受け取った。一方で、その検証や設計には膨大な時間がかかることなど、やってみるというにはあまりにハードルが高いのも事実である。

英語教員の中での一過性の流行でcandoリストが作成され、生徒・教員双方にとって実りが大きいのであれば、時間をかけてでも作る意味は多いにあると思う。しかし、今の学校現場では数値によるわかりやすさに重きを置く傾向がある。保護者や外部の方々も同様である。中国の事例の中で、「協力体制の重要さ」について触れられていた。私たち教員は現場で試行錯誤しながら案を作成し、指導主事の方々は外敵要因を整えることに、学校は保護者や生徒の理解を得ることに力を注がなければならないのだろう。

次年度から学習指導要領が改訂され、新科目の教科書が続々学校に届いている。それらを見なければ科目の全体像がわからないという現状を文科省はどう捉えているのだろうか。到達指標を国レベルでしっかりと策定することが先ではないかと思っている。学年ごとに科目が設定されていることが多い日本の現状に即した到達段階の設定を国レベルで考えて欲しい。そこに到達するために我々は知恵を絞りたい。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-05-29 21:57 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 26日

【雑記】めまぐるしそうな来週

文部科学省の「英語力を強化する指導改善の取組」の一環として、文科省とブリティッシュカウンシル共催のセミナーに参加してきます。テーマはcandoリストについて。特別に予算がつき、今回出席できることとなりました。10時から17時までとロングランのセミナーですが、多くを得て還元したいと思います。内容は後日ご報告できればと思っています。ちなみに場所は霞ヶ関にある文科省です。

出張から戻った翌日は、小中高連携に関する第1回目の会議。連携内容として提示するたたき台は準備ができている。しかし、小・中のニーズを引き出しながら連携のあり方を模索したい。何か新たなものが生まれる会議になることを望んでいる。

ここ1~2週間、件の事業に関わる案件が多く集まってきている。ここまでのところ、概ね順調に進んでいる(バタバタしてはいるが)。これも、前任の教頭がスケジュール作成に骨を折ってくれたことと、現教頭が発送文書や会議のレジュメなどを鋭意作成してくれているからに他ならない。ちなみに、両名とも英語の先生ではない。頭が下がります。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-05-26 21:46 | 雑記 | Trackback | Comments(3)
2012年 05月 19日

【授業日誌】 Classes this week

今週も終わった。今週は、来週頭に出張があるため極力授業を振り替えた。そうすると、通常で週16の授業が19+1(1は総合で学年全体に講演)となった。平均1日4コマ。授業をやっている時にはそれほど疲れを感じなかったが、今週が終わりどっと来た。

今年は、文法の授業(英語構文)のハンドアウト作成担当である。ハンドアウトや授業の流れは次の通り。教材はbeシリーズである(参考書、ワークブック、パターンプラクティス用の演習本)。
 ① 参考書の例文の和訳を予め英語を書くためのかたまりにし、和訳を並べ替える。
   例)私は今夜テッドと会うことになっている
     →私は/会うことになっている/テッドと/今夜
 ② ①を英語に直す(自分で書いてみて、その後参考書で確認するよう推奨)
 ③ 裏面に参考書を読み進めながら質問に答えていく(内容をまとめていく)タスクを配置しているので、そ
れらを埋める。
 ④ 授業では音読練習から始める(read & look upを主に使っている)
 ⑤ ③や例文の説明を簡潔に(例文には極力状況を与える)
 ⑥ 例文を使ったパターンプラクティスもどき
 ⑦ ワークブック(次の授業に向けた予習として提示することもあれば、その場で口頭で話させ、コーラスリーディングで解答を確認し、家で書いて確認させることもある)

⑦の流れを実際にやらせて気がついたことが。全ての演習が終わった後、わからなかった(言えなかった)表現を辞書で調べる姿が多く見られた。新たな発見だった。某社の学力・学習習慣測定テストによると、英語のみ平均点が大きく下降したそうだ。その数値を見てすぐは非常に気をもんだが、よく頑張り今のところは種々の活動についてきている。こうした生徒達の力を伸ばしてあげたいと強く思っている。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-05-19 07:45 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 17日

【雑記】ハンドアウト型授業と授業力

各学校でハンドアウトを活用した授業が多く行われています。自分が勤める学校でも、ハンドアウト型の授業が主流。そこで、気になっていることが1つ。それは、ハンドアウトさえこなしていれば授業が成立する、という発想です。よりよいハンドアウトの使い方を考えるという発想が絶対に必要だと考えています。

もちろん、ハンドアウト使用型の授業には多くの利点があります。生徒と教員の双方にとって授業でやることが明確になる、適宜タスクを与えること、教員による内容の差が出にくくなる、等々。自分もそうした利点を認め、ここ数年は様々なハンドアウトを作ってきました。それを同僚の先生に使ってもらい(科目によっては他の先生が作ったものを使用して)授業をしています。

一方、特に経験の浅い先生方はハンドアウトを使うことで、授業を組み立てるという発想から遠ざかっている気がしてならないのです。どう使うとより効果的か、自分が作るならどういう構成にするかetc。使い方をある程度統一するために、マニュアルが作られることもありますが、さらにそれが悪循環を生んでいるよう思えてならないのです。

どのようにすれば授業がより密度の濃いものになるか、を常に考え続けることにこの仕事の醍醐味はあると自分は思っています。教材研究、という言葉がありますが、教材の使い方だけではなく授業の進め方の研究が絶対に必要です。ハンドアウトはあくまで道具。道具をどう使うかを考えるを一歩踏み込んで考える必要があると思っています。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-05-17 23:16 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 14日

【授業日誌】Mon, 14/05/12

今日から英語Ⅰで習熟度別クラス編成がスタートした。昨年から英語Ⅰで導入したが、その概要は次の通り。

1)上位クラス+その他クラスの編成
2)上位クラスからその他クラスへの移動は不可。その他クラスから上位クラスへは、生徒の希望と考査の点数(と時々教員からのオファー)で移動することが出来る。
3)上位クラスでは教科書と教科書+αの内容を扱う。

Jacquesは上位クラスとその他クラスを1クラスずつ担当している。上位クラスは英語で若干難易度の高い事項を説明しても、理解していく。その他クラスは、英語を受容できるようになるまで今一歩のところか。燎クラスとも、ゴールはアウトプット。その手始めとして、暗唱を行っている。前回担当した3年生に比べ、食らいついてくる姿勢が強い。この点は、育成しようとしても簡単には育成できない「資源」だと思っている。こうした資源を活用し、いかに生徒に英語力をつけてもらうかが重要だと思っている。

文法のクラス(英語構文)では、参考書を読み、ワークシートに従い内容をまとめてくる予習と例文を日本語レベルで英語の語順に直し、その後英語のアウトプットという手順。語順を意識する、文法項目を用いた和文英訳という大テーマに向かって進んでいる。説明も、英語を対比させながら行っている(例:過去形と現在形、現在形と現在進行形)。ある程度英語で進めても、振り返りの時間を取り、生徒に通訳してもらうことで、理解という最初の段階をクリアしてもらえる目処もついた。あとはアウトプットを充実させることが課題。

語いを身につけ、文法の知識を使えるレベルまで引き上げ、できるだけ多くの英語を頭の中に刷り込んでいく。将来的には知的な英語活動ができる生徒達になって欲しい。そんな思いを込め、時に怒りもする。時に励まし、課題をクリアしたら誉める。この頃のJacquesはこんな感じです。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-05-14 22:19 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 06日

【雑記】Can-do、前進

連休前にcan-doのたたき台がまとまった。これが第3稿になるのだが、教科部会でやりとりを重ねとりあえず生徒に提示できるものになりそうだ。生徒にとっても教員にとっても使い易いものになるよう議論を重ね、うちの学校らしいものが出来上がったのではないか、と思っている。

・学習習慣
・語い
・文法
・4技能各種(RLWS)

の項目を立て、それぞれの年次で出来て欲しいことをチェックできるようなリストとなった。

連休後半の最初の1日、学校に出て仕上げの作業に取りかかった。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-05-06 09:36 | 雑記 | Trackback | Comments(0)