HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 12日

【授業日誌】公開授業 Mon, 12/11/12

今日、今年2回目の「英語力を強化する指導改善の取組」公開授業&研究協議会がありました。自分は公開授業と取組の概要のプレゼンを行った。

この投稿では公開授業について。授業の流れは次の通り。

1 単語帳を使った自己表現(15分)
 今回から新規で導入した活動。その前段階でユメタン0のフレーズの小テストを続け、それが1周したので自己表現活動を入れた。前の時間に「次からこういう事やるからね」と紹介をしたが、慣れがもう少し必要か。

2 教科書の新レッスンのT/Fをリスニングとリーディングで(10分)
 黒板にT/Fステートメントを書き、生徒は英文(1.3倍速)を2度聞き、ペアでT/Fを確認する。その後黙読でT/Fを自分で確認。以前、教科書を開かせたくないから板書を試しにしたのですが、そうすることで生徒が顔を上げて聞いていることに気づき以降定番メニュー化

3 音読練習(10分)
 フレーズごとのコーラスリーディングに始まり、ペアでのオーバーラッピングを経て、スロースピード(iPadのアプリで0。7倍速)のオーバーラッピング。ゆっくり読んでも英語のリズムを崩さないようにするのが狙い。そのあと、Read & Look Upを行い、個人での読みの練習。発話ではshyだが、音読は大きな声でやってくれる。時折発音を訂正しながら進める。

4 前パートの内容に即した自己表現(10分)
 今回は全パートのOshidari Akiko has tried a different thing.という内容から、"What do you want to try in the future?"とその内容に関する補足を1文。生徒の話を膨らませつつ脱線も辞さないつもりでやっている。はまると面白い話が生徒から聞ける。普段は一度言わせ、言えない箇所を辞書で確認し、もう1度ペアで同じ話題について話した後、全体でのフィードバックを行なっている。今日は事前に一度やっているので、表現を確認する作業を宿題とし、1回のペアワークの後、全体にスピーキング。

助言のため来校された2名の方から、今後の課題を指摘されたものの、概ねよい反応をいただけたことが今後の自信となりそうです。参加した方々にコメントを頂いたのですが、概ね良い反応でした。これからも授業づくりに精進します。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-11-12 22:53 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 09日

【授業日誌】カウンセリング&添削

昨日から、授業で担当していない3年生の添削を引き受けることとなった。

経緯は、今週行われた進路検討会。9月模試の結果が提示されたのだが、リスニングの得点は高いのだけれど、筆記の点数が低い。これはもしかしたら筆記の点数を引き上げることでそのギャップが埋まるかもしれない、と踏んだわけである。

まず手始めに、その生徒の意識を探るために面談を行った。Lはこのごろできるようになってきたが、筆記はどの分野も得点率が低い。勉強の進捗状況も確認しながら1回め終了。昨日2回めだったのだが、実際に解いているところを観察し、採点した上でできなかった問いについて読みなおしと解き直しを行った。恐らく解説を読むだけでは理解していないのだろう。なので、読んだ内容を言語化してもらいながら理解を促していく。そして再び解答を選択してもらう。そうすると正しく選べている。

日本語で読み取った内容を確認していくと、その理解内容の浅さが露呈してしまった。何点かアドバイスをし、それらを意識しながら問題演習に臨むと良い、と伝えた。軌道に乗るまではつきっきりでこうしたやり取りをしながら読みを深めることに注力していくことになるだろう。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-11-09 07:23 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 02日

【雑記】視察無事終了 Fri, 02/11/12

東北地方の視察の旅、今日で無事に終了しました(明日北海道に戻る、という行程はあるのですが)。

1日目は宮城県立白石高校。英語Ⅰと英語Ⅱの授業を見させていただいた後、授業担当の先生方+英語科主任の先生との懇談。

2日目は山形県立楯岡高校。6月の第1回レイター養成講座で講師を務めた先生が勤務されている学校である。この先生の授業は、文部科学省制作のAll in Englishの授業普及のためのDVDに収録されている。今日はたまたま県内の先生方を対象にした公開授業と重なっていたので、それにも参加してきた。

今回の視察のテーマは「CAN-DO形式の到達目標」である。両校に共通していたのは、「うちはすごいんです」という上段に構えた姿勢ではなかったことである。「うちではこんな事やっているんです」という情報も幾つか伝えさせてもらった・両校とも自分の勤務校と同じ単位制であり、成績や地域での位置づけも非常に似ている。

これから報告用の資料をまとめようと思っている。新鮮なうちにまとめ、自校の先生方にフィードバックできるよう準備したい。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-11-02 21:44 | 雑記 | Trackback | Comments(0)