HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 23日

【雑記】TOEFL導入?

今年4月の入学生から「英語による授業」が本格的に始まろうとしているが、またも英語教育界に激震が走りそう。

(以下、Yahoo!ニュースより転載) 
 自民党の教育再生実行本部(遠藤利明本部長)が国内全ての大学の入学試験を受ける基準として、英語運用能力テスト「TOEFL(トーフル)」を活用する方針を固めたことが20日、分かった。月内にまとめる第1次報告に明記し、夏の参院選の政権公約に盛り込む。
 対象は、全ての国公立大学と私立大学。大学の学部ごとに点数基準を定め、クリアした者に受験を認める。たとえば、東京大学文科一類(主に法学部に進学)の受験資格は「TOEFL○○○点以上を獲得した者」と定め、公表する。点数基準は各大学に自由に定めさせる。
 TOEFLは英語圏の大半の大学で留学志願者の英語能力証明として使われており、留学の活発化を通じて国際社会に通用する人材を育成する狙いがある。
 TOEFLの導入は、実行本部が、安倍政権の大学入試改革の目玉に位置づける施策の一つ。英文読解を中心とした現在の高校の英語教育のスタイルを一変させる可能性もある。このため、教育現場に混乱を来さないよう5年後の平成30年度ごろからの導入を想定している。
 日本では英語能力試験としてTOEFLのほか、受験者が最も多い「実用英語技能検定(英検)」や、英語によるコミュニケーション能力を測る「TOEIC(トーイック)」などが実施されている。実行本部は、結果がそのまま海外留学の申請に転用できるTOEFLを採用することにした。

(引用 以上)

今までの入試の枠組みとの関連をどのように考えているのか不透明なところがあるが、英語を重視するのであれば最も妥当性のある選択だろうと思う。ただし、今の高校生には英語力よりも「学力低下」の問題の解決に向けての取り組みが必要に感じる。英語はできても、他教科ができない生徒を量産しては元も子もない。確かにTOEFLを大学入試で使うとその影響は大きいが、高校だけでなく日本の教育をトータルな枠組みで考えて政策を打ち出して欲しい。現在もそうであるが、大学入試や学習指導要領の影響を受けて高校の授業が変わる。しかし、それ以前の中学校や小学校の学びの質の変化までを保証しているかといえば、そうではない。特に私が勤める地方の学校に顕著なのだが、大学入試を考えた時に、高校がカバーすべき範囲がとてつもなく広くなってしまう。生徒も教員も疲弊してしまう。学び直しから大学入試まで。対処療法的な政策ではなく、歪みをとるような政策を立案して欲しい。予算的裏付けもなく現場の自助努力を期待するのには限界がある。

私達現場レベルでは、英語を使う大人となるための下地を作ることに専心したい。
[PR]

by jacques_southhill | 2013-03-23 09:03 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 22日

【雑記】Looking Back This Academic Year

今年度の授業が全て終了した。思いつくままに振り返ると…

More
[PR]

by jacques_southhill | 2013-03-22 06:17 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 19日

【授業日誌】1年間で成長する

今週、生徒たちは今年度の授業を受ける最後の週です。自分が担当している1年次生は「スピーチコンテスト」のクラス予選を兼ねたスピーキングテストを受けています。「自分の夢」「最も興味を持ったLesson」等何種類かのテーマの中から1つテーマを選び、60〜90語の原稿を書き何度も繰り返し音読練習をし、本番に臨んだ。授業内でも当然練習の機会は与えられたが、家での自主トレ(もっというと普段の授業での練習)がパフォーマンスの優劣に大きな影響を与えた。聞き手でもある生徒たちは、全員分のスピーチに評価を行い、自己評価を行い、感想を書いてワークシートを提出した。

模試やGTECでもそうだが、今年度の授業はアウトプット(特にスピーキング)に重きをおいて進められた。そのため「ライティング」「表現力」を問う設問での得点率が過去の生徒たちと比べて優位に高い。今回のスピーチでも、AccuracyよりもFluencyに成長の跡が見られた。もっとも、今後の課題は多読と多聴である。

思えば、この1年生は英語を非常に苦手とする生徒たちであった。中学校での学習事項がほとんど身についていないのでは? と疑問符をつけざるを得ない生徒たちである。1年後に人前で「聴衆」を意識して英語で話すまでに成長したのだ、と思うと非常に感慨深い。生徒たちは、授業で負荷をかけた方向に伸びていくのだと思っている。アウトプットを目指した生徒たちは、まず手始めにアウトプットができるように成長している。
[PR]

by jacques_southhill | 2013-03-19 00:40 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 07日

【雑記】嬉しい一瞬

今週は高校入試ウィーク、そして国公立大学前期合格発表ウィーク。嬉しい報告が舞い込む職員室です。

自分が添削指導を担当した生徒は第一志望に合格を果たしました。添削指導を続けていく中で解答の作り方や本文の要約(問題を解くのとは別に、Jacquesは段落ごとの要約を課していました)の質も格段に向上し、2次試験各科目が総じて難化した中でも無事に合格しました。

最も驚いたのは、リーディングの授業で1年間接した生徒が自分のところに第一志望に受かりましたと挨拶に来てくれたこと。この生徒、普段は無口で他者とコミュニケーションを取ることはほぼなかった生徒。Jacquesは週に1回生徒の登校時に玄関指導をしているのだが、あいさつをしても返事が返ってくることはほぼありませんでした。ただ、授業は熱心に取り組んでいました。自分のところに質問に来たこともありました。今日は、笑顔ではにかみながら感謝の意を私に伝え、握手を求める私にこれまたはにかみながら手を握り返してきたのでした。受かったことも嬉しいのですが、わざわざ私のところに挨拶に来てくれたことに涙腺が緩みそうになりました。完全にサプライズです。

去年担任していた生徒(浪人生)たちも続々と結果が判明しているようです。
[PR]

by jacques_southhill | 2013-03-07 19:15 | 雑記 | Trackback | Comments(0)