<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 28日

【雑記】今年の業務、終了しました。

2013年も間もなく暮れようとしていますが、曜日や天候(暴風雪警報発令)の関係で昨日仕事納めとなりました。

昨年まではインプットの時期でしたが、今年はアウトプットの1年となりました。5月にB社の企画での対談記事用座談会に始まり、11月は教科指導セミナーで実際の授業の断片を見ていただいた。12月は教育課程研究協議会で自己評価の取組みについて事例を紹介させていただいた。来年1月にも1つ発表が予定されている。

昨年度に引き続き研究指定に取り組んでいる。今年は新課程1年目。入学段階での生徒たちの変容に悪戦苦闘しながらも、力をつけるために奮闘した1年だったといえる。覚えること、家庭学習に対するコミットメントが非常に弱い生徒たち。それでも少しずつではあるが「高校生」になっている平成25年度入学生。今後に一定の期待が持てるようになってきている。授業では、HR担任的なこと相当言ったなぁ。学ぶ力がある生徒たちに育ってほしいと日々教壇に立った。できるまでやるという粘りの姿勢、何事に対しても真剣に取り組む姿勢の涵養、締め切り等を遵守できる生徒に変えるべく、日々色々なメッセージを伝えた。

2014年、何があるか全く未知数だが、一つ一つの取り組みに誠心誠意心をこめて取り組んでいきたい。年明けは「大学」に入学します(2泊3日ですが)。いろいろな刺激を受けながら、進んでいける2014にしたい。

[PR]

by jacques_southhill | 2013-12-28 13:00 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 23日

【授業日誌】講習点描。

3連休、まだ学校は冬休みを迎えていませんが、日程の都合で冬期講習を行っています。今日で全体の5分の3が終了しました。前回(夏)に引き続き今回も1年次生の英語が得意ではない生徒達。前回は中学校で学習した文法事項の復習を行いましたが、今回は易しめの英文を何度も読み込み取り込む講習内容としました。「キムタツ式 はじめての英文速読(入門レベル)」をテキストに、次のようにやっています。

1.予習として、長文に出てくる語いを覚えてくる。前時の英文を暗誦する。
2.ペアで暗唱
3.1.のテスト。英語を読み上げ当てはまる意味を選ぶ(意味はテキストに印字済み)
4.制限時間つきスキミング
5.制限時間つきスキャニング
6.音読&解説&投げ込みの質問(授業の大半をこれに費やす)

頭を使いながら、音読しながら80分が過ぎていきます。

[PR]

by jacques_southhill | 2013-12-23 19:15 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 11日

【tools】活用できるwebサイトの紹介

今日の研究協議会で紹介されたサイトを紹介します。

http://www.breakingnewsenglish.com

Breaking News Englishといいます。素材だけではなくタスクがレベルごとに紹介されています。そのまま授業で提示することも、タスクの作り方を研究するにも最適だと思います。投げ込み用教材作成に使ってみようと思います。

[PR]

by jacques_southhill | 2013-12-11 23:12 | tools | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 11日

【英語教育一般】教育課程研究協議会終わりました。

研究協議会が終わり、プレゼンも終わりました。

プレゼンをする時には時間内できっちりと終えることを目標としているのですが、ほぼ予定時間どおりに終えることが出来たのでホッとしてます。プレゼンの中で話した内容は、次の2点です。

1.パフォーマンステストについて
2.考査・パフォーマンステスト・CAN-DOリストの自己評価

パフォーマンステストでは、年間指導計画でどのように計画するかから始まり、準備過程、評価、自己評価について話をした。教科書の内容に沿ったパフォーマンステストを行っているので、計画段階が非常に重要だと個人的には思っている。自分の勤務校ではパフォーマンステストを前提としたレッスンとそうでないレッスンの軽重をつけ、年間指導計画に落としこんでいる。計画されればあとは実施に向けてどうするかという点に思考を集約することができる。課題としては、いかに評価をシンプルにするか。長く続けるためにはこの点を避けて通るわけにはいかない。

自己評価については、私が国語の自習監督を引き受けた時の課題内容がきっかけとなったことから話を始めた。考査返却と同時に、考査の出来具合についてコメントを書かせて回収するという内容であった。そのアイディアを流用し、考査前・考査時点・考査後の振り返りをできるシートを作成している。考査前・考査の出来についてはA~Eの5段階で、考査後の学習方針については記述で書かせている。続けると振り返りの質が上がってくる。そのことを生徒の実例と合わせて示した。パフォーマンステストも同様の流れとしている。CAN-DOリストは単純に記号でABCで各項目に対する到達度を1年間同じ用紙で記入させている。

その後の研究協議では「生徒のモチベーションを上げる方法」「考査・パフォーマンステスト」について参加者が実践を元に話をしました。席上でも発言したのは、モチベーション以前に学習者としての意識・姿勢を生徒に持たせる必要があります。学習に対するコミットメントの意識を高めることが優先だと思います。このことが前提条件となり、モチベーション…という話になっていくと私は思っています。短期的にモチベーションを上げる方法、長期的視点で生徒の変容を認めていく方法が考えられるのでは、と考えています。英語学習の点で困っている生徒に対するカウンセリングについても話をさせてもらいました。

考査・パフォーマンステストでは、観点別評価という流れが進んでいます。本校ではまだ手を付けられていませんが、今後検討しなければならない事項と認識し持ち帰りたいと思います。

前任校でお世話になった先生2名と再会を果たし、食事しながら情報交換できたなど、非常に実りの多い会でした。


[PR]

by jacques_southhill | 2013-12-11 16:59 | 英語教育一般 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 11日

【英語教育一般】今日はこれからプレゼンです。

昨日から教育課程研究協議会でホテル暮らしをしています。

今日はプレゼンを行います。パフォーマンステストの取り組みと考査・パフォーマンステスト終了後・CAN-DOを使った生徒の自己評価の取り組みについて発表します。

プレゼン後は英語教育についての今日的課題について協議を行います。学びが多い1日となりますように。

[PR]

by jacques_southhill | 2013-12-11 06:56 | 英語教育一般 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 01日

【雑記】今年もあと1ヶ月。走りますか?

今日から12月。後期中間考査も終わり、本校ではGTECも行われます。生徒はクリスマスや正月といったイベントに向かって進んでいくのでしょうか?

私も新年を心穏やかに過ごすために越えなければいけないハードルがあります。

・成績をつける
・授業のハンドアウトを一定量作る
・冬期講習の資料を作り、授業をする
・文科省指定事業の中間報告書を作る
・12月10日教育課程研究会発表資料を作る
・12月10日に発表する
・12月20日札幌で英語関係の日帰り出張に出かける(札幌は当地から非常に遠いのです)

タスクマネジメントをしっかり行い、誠心誠意取り組みたいと思う。



[PR]

by jacques_southhill | 2013-12-01 16:26 | 雑記 | Trackback | Comments(0)