<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 18日

【英語教育一般】成績をつける、でもその前に

昨日は観点別評価に関する校内研修会。併せて若干辛い傾向にある科目ごとの評価・評定平均についても研修を行った。

先月出席した教育課程研究協議会の内容を報告し、分科会ごとに別れて各教科の成績の付け方について状況説明の後、議論を行った。特に参考になったのは実技教科(体育・芸術)である。特に、分科会で一緒になった体育の先生が「細かくメモをとっている」という話が非常に参考になった。

研究協議会でも、英語は観点別評価との親和性が高いという話が出席者から出されたので、そのことを伝えた。今年から始まった学習指導要領では、全教科において講義偏重から言語活動等の動きを中心とした授業の変革が求められている。活動を中心とした授業構成と観点別評価は親和性が高い。対して、講義中心の授業と観点別評価は相容れない。指導と評価の一体化が叫ばれて久しいが、本腰を入れて考えなければならない時期に来ていることを実感。

研修会が終わり、学年を組んでいる同僚と観点別評価の話になった。「来年度からでも始めないと…」と観点別評価に過度に焦点が向いている感じだったので、一言釘を差した。「評価云々の前に、生徒に英語の力を付けさせる授業展開を考えることが先」だと。評価することは主目的ではない。日々の授業の延長線上に評価をつける仕事も含まれているという感覚がしっくりくる。生徒の英語力がつけば成績は自然と上昇する。そのことに自覚的であるべきだ。

よりよい形で生徒に英語力をつけてもらう授業のあり方を模索する営みを地道に続けて行きたい。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-01-18 09:04 | 英語教育一般 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 14日

【英語教育一般】モチベーションを上げる、について

 聞いていて違和感を感じる言葉の一つに「(生徒の英語学習に対する)モチベーションを上げる」があります。「モチベーションが上がれば生徒が学習に向かう」というものですが、果たしてそうなのかは自分の中では腑に落ちないところがあります。モチベーションを上げるための下地作りが必要です。その下地とは「学校は学ぶ場所」であるという認識を生徒にしっかりと持たせることだと考えます。

 先月教育課程研究会でこの話題が出てきました。自分が務めている学校のことを考えると、学校は学ぶ場所という認識に乏しい生徒が一定数います。一般的な高校での学びは、大きくくくると予習・授業・復習に分けて考えることが出来ます。本校では授業が崩壊するということはほとんどありません。しかし、定着のために欠かせない予習・復習に代表される家庭での学習活動に生徒たちは充分時間をかけていません。下位層の生徒ほど、テストを見切るか最低限の点数が取れる近道を探す傾向があります。そうした勤務校の状況を踏まえて、先述の「学校は学ぶ場所だと生徒に認識させることが先では」という意見を伝えました。

 モチベーションを上げるためには下地が必要です。特に英語は一朝一夕には実力がついていかない教科の特性があります。当然ながら集中力が高く家庭でも学習にしっかり取り組んでいる生徒は大きく実力を伸ばしていきます。生徒に「学校は学ぶ場所」という認識を植え付け、授業でしっかり頭を使うよう導き、家庭で授業内容を振り返り、弱点を補強する習慣を形成することが結局は生徒の自己肯定感を高め、自信につながっていきます。また、過去の自分と比べさせることも重要なポイントです。勤務校の生徒たちはともすると他の生徒との比較に陥りがちです。過去の自分と比較し出来ているところを素直に認めるよう促し、その自己評価に対して私たちが肯定的なフィードバックを行うべきです。モチベーションを上げるというのは対処療法であってはいけないはずです。お世辞もそれほど有効打にはなりません。ダメ出しもしつつ望ましい行動に対し称賛する。私たちが生徒のモチベーションを上げることを本気で考えるとき、実は相当多くのことを考慮しなければならないのだというのがこの頃の実感です。さらには、自分のやる気スイッチをほんとうの意味で入れられるのは自分自身のみだと生徒には伝えていきたいと思います。それも出発点は学校に通って授業を受けているという営みを形骸化させない私達の姿勢だと思います。

 そういう土壌に乗った生徒たちに対しては、「出来たのは先生のおかげではなく自分のおかげ、出来なかったのは先生のせい」と素直に感じ自分の行動にフィードバックしていきます。日々指導する内容に説得力を持たせることが私たちが最初にしなければならないことではないでしょうか。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-01-14 09:43 | 英語教育一般 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 07日

【雑記】間もなく20000アクセスです。

c0206356_20385455.png
このブログを始めたのは2009年9月でした。ここまで419本の記事を投稿してきました。本投稿が420本目です。最初の方は月当たりの投稿数も多かったのですが、この頃は非常にゆるく徒然なるままに投稿している感があります。お付き合いいただいている皆様には感謝しております。目を通してくださっている方お一人お一人の顔が見えることはなかなかないのですが、今後も緩いペースで自分がやっていること、(英語)教育について考えていることを綴っていきたいと思います。

記事を書いているうちに20000アクセスとなりました。
c0206356_20440742.png
今後ともよろしくお願いします。

今日、FBに本校の保護者の方から頂いた書き込みとそれに対する返答を転載します。北の英語大学の終了について書いたものです。

【以下、引用】
 お疲れ様でしたm(_ _)m 先生くらいベテランになっても、日々勉強なのですね😊

>ベテランだなんて…。立ち振舞が、というか態度がそう見せちゃっているのでしょうか(^^ゞ 年だけとってベテランと呼ばれるのではなく、中身の伴った「ベテラン」になるよう精進します。
【引用ここまで】
自分には「自分がベテランである」という意識はありません。今年4月で15年目になります。塾講師時代を含めると20年目になります。退職までを考えるとまだ先は長いと感じています。この頃は「日々の授業が今日の授業の予習」と思い至るようになりました。時代の要請を受けることが非常に多い英語教育です。常に情報のアップデートを欠かさないよう気をつけながらこれからも精進します。日々是勉強です。今後とも宜しくお願いします。


[PR]

by jacques_southhill | 2014-01-07 20:53 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 06日

【英語教育一般】北の英語大学を修了しました

今年の英語教育関連の活動は「北の英語大学」参加から始まった。

6名の講師の先生による7つのワークショップ+4名の先生によるマイクロティーチングと盛りだくさんの内容だったが、時はあっという間に過ぎて終了を迎えた。

講師の先生方のキャリアと英語教育に対する思いに裏打ちされた技術の数々に直接触れることが出来た。私にとっては英語教育のこともさる事ながら、一つ一つの手法の裏に見える先生方の思いに深く聞き入った。生で見るプロフェッショナル・仕事の流儀であり、白熱教室であった。

どの講師の方も共通していたのは、音読の重視、語い・文法の指導の重要性、より生徒に力を付けさせたいという思いだった。思いがあっての技術なのだと実感した。また、講師の皆さんはガンガン生徒を引っ張っていくタイプは決してない。熱い思いを秘めて、gentleに授業をされている姿が透けて見えた。gentleさは自分は持ち合わせていないので、非常に引き込まれた。

2日めにはマイクロティーチングの機会を与えていただいた。Lessonに入る前の導入としてのスピーキング活動を体験していただいた。The Best Christmas Present in the Worldというタイトルだったので、What is your best Christmas present that you have got? という問いでペアで会話練習し、全体でシェアし、JTEが会話をふくらませる質問を投げかけたり他の生徒に感想を尋ねるまでの一連の流れを体験していただいた。伝え漏れてしまったこともあったが、概ね流れはわかっていただけたのではないかと思っています。

北海道内のみならず、本州・九州からも参加者がいたことに驚いた。また参加者の英語指導歴も様々。でも、夜には英語教育談義に花を咲かせた。Pricelessな3日間でした。


[PR]

by jacques_southhill | 2014-01-06 18:45 | Trackback | Comments(4)
2014年 01月 01日

【雑記】2014年年頭所感

あけましておめでとうございます。今年も気の向くままに英語の授業やその周辺の営みについて書き綴っていきたいと思います。よろしくお願いします。

2012・2013年と「英語を生徒に発話させる」授業をテーマに授業を展開してきました。

今年のテーマは「語い指導」と「コミュニケーションを重視しながらも基礎・基本を徹底させる指導」と「生徒に考えさせる授業展開」の3点です。ものごとを覚えることに対する意識が生徒たちの中からどんどん失われているように感じています。こちらはどう学ぶと語いがactive levelまで高められるのか、また生徒たちには覚えるべきものはほどほどにではなく、完全定着を目指して学ぶ意識を持たせたいと考えています。語いといえば、この頃書けない生徒が増えています。立命館慶祥高校の今井康人先生は「読めて、意味がわかって、書ける」が定着の目安だと言っていました。生徒が語いの重要性を実感できるような授業展開を考えていきたいと思います。
「基礎・基本の徹底」は古くて新しいテーマかもしれません。発話については慣れてくれば生徒は徐々にですができるようになります。ここで言う基礎基本とは、短文レベルでの語順のことです。深く意識させることで発話の幅を広げたいと思っています。そのためには自動化に至るまでのトレーニングのプロセスが絶対必要なのですが、生徒にはその意識があまり強くありません(粘り強く取り組むことで意識は強化されてはいるのですが…)。自分の頭で考え自分の考えを英語で言うための強固な基礎を作れるよう授業を組み立てるつもりです。
最後の「考えさせる」は、常に問いを与えペアで相談させることで取り組んでいます。ここ数年のテーマと言ってもいいでしょう。頭を使い、その場で与えられる問いに対しどのように答えを返すのか。その過程が学びにつながるよう仕掛けていきたいと考えています。そのために必要なのが「どのような問いを用意するか」。本文を読んで聞いて考える問いから1文を読んで疑問文に答える方法を確認するための問いと、教材研究のあり方が問われています。

日々是勉強です。素直に謙虚に学ぶ姿勢を忘れず過ごしていくつもりです。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-01-01 13:12 | 雑記 | Trackback | Comments(0)