<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 28日

【授業日誌】授業の型を作る日々

新しい学校での授業も3週目を迎えました。今年担当するのは3年次生。すなわち、高校での2年間の学習歴がある生徒たちなのです。こちらも手探りで日々の授業を進めています。手探りの中から、生徒の英語力を伸ばすための授業を構築する手がかりを得ることに腐心している状況です。

そんな中で見えてきた生徒たちの強味と弱味。まとめると概ね次のようになるだろうか。

【強み】
地頭がよい→短時間で語いを覚えるなどの瞬発力はある。
少ないヒント(あるいはノーヒント)で問いに対する答えに気づくことができる

【弱み】
自信が持てていない→音読をさせても前任校の生徒たちよりも声が小さい
音声に対する意識が弱い→コーラスリーディングでは英語らしく読めるが、個人で練習させるとカタカナ読みになってしまう→リスニングが弱い
頭のみで英語を勉強している→上述の音声に対する意識とリンクするのだが。

1ヶ月で見えてきたこれらのことを適宜生徒たちにフィードバックしています。最終的には英語でのアウトプットを求めるつもりなので、徐々にその要素を授業の中に織り込んでいる最中です。Wの授業ではキーセンテンスを加工し、(Doing something) is the key to (doing something)[←生徒には(  )内を自分の言葉で補わせる]とフォーマットを与えアウトプットの練習をしてみた。地力があるので、こちらも膝を打つような返答が出てくる。私が最も唸ったのが、Knowing me is the key to knowing others.という生徒の返答。なんとも哲学的です。アウトプット型、もっと言うと新たな教員との授業には生徒たちの慣れが必要不可欠です。生徒に慣れてもらいつつ、生徒の英語力が伸びるような授業展開を模索する旅はこれからも続いていきます。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-04-28 17:59 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 22日

【授業日誌】音読しながら問いかける授業

授業が始まり早2週間。こちらは試行錯誤しながらですが、互いに慣れてきている様子を肌で感じています。

Rではリーディングスキルを扱っています。タスクをシンプルにしたハンドアウトを作成し、生徒に演習してもらっています。こちらが説明する割合を少なく、生徒が頭を使う割合を多くをモットーに構成しています。タスクは教科書掲載のもの+英英辞典による定義のみにしています。小テストを毎時間行う方針で進んでいるので、教科書の進みは遅いのですが…。

説明の際は英語でパラフレーズすることを心がけています。生徒も慣れてきているようです。もともと、前任校よりも知識量がある生徒たちです。こうした積み重ねで生徒たちが覚醒してくれればいうことありません。これからの課題は、生徒が英語で内容を伝える、自分の考えを伝える機会を少しでも増やすことです。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-04-22 18:59 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 14日

【授業日誌】授業の日々、始まる

先週新学期を迎え、2週目を迎えた。授業の方も全クラス第1回目の授業が終了。

45分授業で、小テストが毎回行われ、1コマで扱うべき事柄が多い状況なので、綿密なタイムマネジメントが求められる。私も現任校の生徒ややり方に慣れ、生徒も私の授業スタイルに慣れることが効果を上げる方法と考えている。今手を入れはじめたのは、音読の際の声の大きさ。今までの授業の中で「声に出して読む」という行為が重視されていなかったのだろう。全て英語での授業はしばらく控えるが、最低限相手に伝わる音量で話せるように生徒にはなってほしい。そんなわけで、最初のハードルは「しっかり声に出す」である。

生徒たちの良い点としては、終わったあと不明点があればすかさず質問に来ることがあげられる。これは前任校ではなかなかなかったこと。ポテンシャルの高さを実感した。

3年次生の英語力を上げるために自分は何ができるか。常に自問自答しながら進んでいきたい。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-04-14 20:09 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(2)
2014年 04月 06日

【雑記】新年度の授業を考え始める

4月から勤める学校での持ち時数がわかった。3月までは新課程の1年次生を担当していたが、今年は旧課程の3年次生を担当する。

R(4単位)×2+W(2単位)×3+英語講読(2単位:学校設定科目)×1

前任校では英語を使わせることを念頭に置いた教材研究をしていた。トレーニング的要素をおりまぜながら、折に触れ「言語化」させ、考えさせる授業展開を今のところは考えている。英語を使うエッセンスも入れつつ、様子を見ながらの授業展開となるだろう。





[PR]

by jacques_southhill | 2014-04-06 14:27 | 雑記 | Trackback | Comments(2)