<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 26日

【雑記】数字と向き合う

昨日今日と、数字について考えされられる機会があった。

昨日、全国学力テストの都道府県別平均正答率が発表されました。北海道は小・中とも全国平均正答率を若干下回っているとのことです。道教委が設定した目標は「今年度までに平均正答率を全国平均以上にする」なので、目標に到達しなかったことになる。

「平均」という言葉には注意を要する。私達は模試等で平均点偏差値、考査で平均点を扱う。生徒たちは平均点を非常に気にする。考査を返却するときに自分の点数以上に平均点を気にしている節がある。全員が同じ点数でなければ、一般的に半数は平均点を上回るが、半数は平均点を下回る。意外とこのことが頭から抜け落ちている。ここ1〜2年、平均点の意味するところを生徒たちに伝えた上で、平均点を返却の時に示すことをやめた。学習はプロセスが正しければ点数は結果としてついてくるものだから。入試を控えた3年次生には「点数を目標にするのではなく、学習する行動の中に目標を見出すように」と伝えている。

また、47個の中で順位付けをしているのだから、その範囲内で当然変動が起こる。どこかが頑張ればどこかが凹む。平均点の比較だけでは分析としては不十分である。なぜできているのか、なぜできていないのかを数値を介して考察し、実際の指導にフィードバックする姿勢が必要である。上位者の割合と下位者の割合も見られるようにすると分析に厚みが増すだろう。

今日は模試の自己採点結果が配布された。数値を示すときにやってはいけないことは、結果が振るわなかった時に結果が悪いと口にすることである。なぜ結果が悪いのかを深く分析し指導に活かすことが大切。数字は諸刃の剣である。生徒教員を悪く言うための道具では決してない。「悪い、悪い」と言われ続け伸びる生徒はいない。悪いのなら対処法もしっかり伝えるべき。

数字を正しく読み取ることは、実は難しく繊細な問題を含んでいることを自覚しデータを活用したい。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-08-26 22:33 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 18日

【授業日誌】授業の日々、再び。

北海道は夏休みも終わりに近づいています。かくいう私の学校も今日から授業再開。

私が担当する3年生は今日GTECを受験。その後午後は3時間の授業。今日はWの授業1コマを実施。さすがに3年生ともなると、休み明けのだれた感じがない。学校の違いもあるのだろうが。

Wではいつも例文(Target Paragraph)の暗唱を始めに行っている。最初に生徒たちにいきなり読ませ、コーラスリーディングとフレーズの解説を行ったり来たり。そして個別練習の時間を与えてから、和訳を見せながらCDを聞かせてリテンション。この辺りの流れは先月行われたキムタツ先生のセミナーからアイディアを拝借した。次回までに暗唱できるように練習することを宿題として課した。

生徒たちは先週末受けた模試のことも気にしているだろうが、そんなに簡単に点数が取れるようにはならない。本気で始めてから2〜3ヶ月はみるように、と常日頃から伝えている。結果に一喜一憂することなく、力をつけるためになすべきことをただひたすらに。生徒に言うだけではなく、自分も少々長い目で生徒の成長に思いを馳せながら授業をやっていくことにする。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-08-18 20:11 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 09日

【雑記】語い指導について

夏期講習、予定していたセミナー2本への出席も終わり、部活の遠征とお盆休みが待っている状況となりました。

3年生の講習は3年分の過去問を用いたセンターの演習を行った。実際に使用された問題に触れることで、生徒たちが学習上の課題を見つけ、入試に向けて力を高めていくヒントが伝わるよう講習を組み立てました。そのため、長文を取り上げて語いや構文の分析をしたりはしていません。センター試験の第3問以降の英文は、英語としては標準的な文章構成になっているので、トピックセンテンスの考え方とパラグラフリーディングの重要性を説きながら進めました。

RにしてもLにしてもやはり一定量の語いは知っていなければならないことを生徒たちは実感してくれたようです。生徒たちには「百式英単語」の学習方法が書かれた部分を紹介し、夏休みから秋口までに語いをひと通り完成しておくとよいと伝えています。その方法論を活かし勉強を始めた生徒も出てきているようです。伸び始めるには2〜3ヶ月かかることを伝え、夏休みがラストチャンスであることを繰り返し伝えました。

センターというと、時間配分命という感覚が自分にはありました。しかし、今年の講習を通して「語いの認知速度が上がると必然的に読解スピードは上がるのでは」という思いに至りました。点数を取るという観点からは、模試など学習の途上では時間配分も有効に機能するでしょう。が、本番を迎えるころには時間配分を意識しなくても時間内に全部読めた!となるのが本来の姿だと伝えています。

講習だけでなく今後の授業でも生徒の力を育てていきたい。そして、自分で課題を見つけ策を講じながら学習を進めることができる生徒たちに育てていきたい。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-08-09 12:08 | 雑記 | Trackback | Comments(0)