HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 22日

【雑記】知識基盤社会

この言葉を最近知りました。文科省のHPなどを見ると、結構前から提唱されている考え方のようです。自分の意識に登ってきたこともあり、この頃はその解釈が目にとまるようになりました。

知識基盤社会で生きていくために必要なこと
1.たくさん学ぶ
2.学んだことを理解する
3.形のはっきりしない問題を好きになる努力をする
4.自分のアイディアをもっと良くする
5.自分で考える人達と友人になる
(以上、植松電機 植松努氏FBより)

知識基盤社会では、唯一絶対の「正解」は存在せず、その状況における「最適解」をそのつど地力で、あるいは多様な他者と共同して生み出すべく、知識を豊かに活用する資質、能力がすべての人に求められる
(以上、英語教育3月号より)

知識「基盤」社会という語句から、知識が備わっていることが前提であることがわかります。知識を元に、他の人と手を携えながら課題を克服していくありようをイメージしていると考えます。

さて、実際に生徒たちを見ていると、どの教科においても前提となる知識を得ようとする姿勢に乏しいです。英語の学習で言うと、「知識」に当たるのは、語い・文法・題材に対する背景知識です。語いを定着させたり、文法を理解したり、背景知識を他教科の学びや生活の実体験から学ぶ姿勢が足りないのです。知識を持っていたとしても「点」のままで「線」や「面」になっていかないのです。学習指導要領が現行のものに変わり、来年度はその完成年度に当たります。英語を使う経験を通して言語を身につける流れを想定しているようですが、経験したことから学ぶには限界があります。確かに知っているものを使うので定着は進みそうですが、その効果は限定的だと思います。学ぶものと学ばざるものの差が広がっていくように感じます。

知識があることは最低条件だと解釈します。その上で知識を活用する学びを提供することがこれから必要になってくるのでしょう。経験からの学びと入力からの学びのバランスをとることが来年度授業をする上での課題になりそうです。





[PR]

by jacques_southhill | 2015-02-22 22:37 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 02日

【雑記】意味順、要約、和文英訳、CLIL

タイトルに示した語句は、次年度の授業で試してみたいテーマです(今年度の授業は3年次担当ということもあり先々週で終了しました)

まず意味順ですが、田野地先生の著書から知りました。生徒たちは「主語+動詞…」という中学校の導入期に学習した語順を実際の英文に活用できず、正確な理解につながらないケースが多く見られました。また、並べ替え問題などでも語順の意識が飛んでしまい、苦手にしている生徒がいます。フリーライティングにしても、このS+Vという構造を正しく取れないケースがあります。実際に授業でやる場合には、福島の前田先生が提唱している形が現実的だと思っています。そのためには、名詞の理解を深める指導が必要になるでしょう。
実際に私自身も意味順の適用のしかたがわからない部分もあったので、田野地先生が高校生向けに書き下ろした参考書を買って実際にやってみました。モデルを示しながら生徒に提示するつもりです。

要約は、今年1月のキムタツ先生のセミナーを参考にしました。リーディング指導としてT/FやQAを軸にして今までは考えていました。そして、最後(の方)の活動として要約を行っていました。キムタツ先生は初見状態で段落ごとの要約を100wpmでさせるよう細かく時間を区切りながら行っていました。その後和訳により理解が怪しい文(箇所)の確認→語いの提示→intakeを狙った音読、というように流れていきます。初見状態というのがポイントだと感じました。この方法は今日の3年生向けの講習で行いましたが、説明が端的になり生徒に音読させる等の余裕が生まれました。英語を地力で読んで、わかった範囲でまとめるというのは実際の言語仕様を踏まえた理にかなった方法だと思いました。場合によってはLで要約(キーワードの拾い上げ)を行い、Rでその要約に加除訂正を行うこともできそうです。

次に和文英訳。文法指導のとりあえずのゴールは「当該の文法事項を使って日本語を英語で表現することができる」に置いたほうが良いとこの頃思っています。さらには自己表現にも発展させられそうです。方法としては今井先生が考案したSSCCが良いのではと考えています。また、参考書を読んで自分で学ぶ事柄の概要を理解できる生徒を育てたいと思っています。説明にかける時間を少なくし、実際に英語を使う時間を増やせればと思っています。

最後はCLIL的視点。今年1月に開催された高教研で講演があったようですが(私は事情があり講演を拝聴することは叶いませんでした)、資料を見る限り実際の授業に落とし込みやすいという印象を受けました。

この頃考えていることをつれづれなるままに書き出してみました。自分の思考を整理するためです。

[PR]

by jacques_southhill | 2015-02-02 23:48 | 雑記 | Trackback | Comments(0)