2017年 01月 10日

【授業日誌】勤務校以外の生徒を対象にした講習

今年、自分の学校の生徒達を対象にした講習から仕事を始めました。現在、2つ目の仕事としてタイトルに掲げたとおりの仕事をしています。道教育委員会主催です。

対象となるのは「選抜性の高い大学への進学を希望する高校1年生」20名程度です。大学入試問題をやるにもまだまだ先な感じがしました。先方のリクエストもあり、次のような授業内容で3日間240分の授業(90分+90分+60分)を組み立ててみました。全体のテーマは「英語の学習方法を体感する」です。

1日目 90分[昨日] 
 ・英語を学習する目的とできるようになるべきこと
 ・語彙学習の方法
 ・リスニング学習について(聞き取れる箇所と聞き取れない箇所の違いは何か)
 単語を覚える作業に取り組んだ後、リスニングで概要理解のタスクに取り組んでもらい、さらにリーディングで確認してもらいました。

2日目 90分[本日]
 ・文法学習の方法
 関係詞をテーマに授業を行いました。まず「その女性は私を手伝った」という英文を書かせ、その後で「私を手伝ったその女性」という名詞句を作らせる。the woman who helped meで一つの名詞句であることを伝え。関係代名詞主格・目的格・所有格・whatと関係副詞まで確認し、その後補足で継続用法を扱う。

3日目 60分[明日]
 ・音読の方法
 ・習った表現を和文英訳の中で使う(具体的には日本語で作成した要約文を英訳してもらう)

生徒の高い集中力と意欲的な姿勢もあり、順調に進んでいます。課題は、一つでもここで体験した学習方法を実践できるかにあります。8割程度の生徒が英語の家庭学習時間0分と言っていましたので。経験したことを活かして学習することも学習者には必要な要件だと私は考えています。      

[PR]

# by jacques_southhill | 2017-01-10 18:03 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 28日

【授業日誌】I have a dream暗唱テストを考査前日に

今日、授業で扱ったDr. Martin King Jr.とBarack Obamaの単元の仕上げとしてI have a dreamの暗唱テストを行いました。生徒が頑張った様子がリニアにわかるこの手のテストはこちらにも色々な示唆を与えてくれました。
しかも、明日から考査期間(わざと今日に設定しました)。

今日の発見
・英語が本当に苦手な生徒はやはり暗唱できない。
練習不足もあるのだが、それ以前に意味の把握や語彙の理解という前段階でつまづいている。

・しかし、大多数は練習で克服した
意味がわかったものを繰り返し読み込む作業は絶対に必要。英語を学ぶ目的は一つでも多く英語を自分の言葉とすることだと今日のまとめで生徒に伝えた。

・苦手な生徒は暗唱すべき文が飛ぶと最初に戻るが、ある程度練習した生徒は途中からリカバリーができる
今日最大の発見。対象となる英文と意味がリンクしているか否かがわかる。

・個々の単語の発音や前置詞・助動詞の否定が不安定な生徒も見られた

考査ではI have a dreamに関しては暗唱していることを前提に出題することを宣言している。そんなこともあって考査前日の今日、試験を実施した。しっかりと自分の言葉にできた生徒は、オリジナルにある味に自分の味を加えた。45分の授業で20人台前半の生徒の試験を実施したが、全て授業時間内に終えられました。

[PR]

# by jacques_southhill | 2016-11-28 21:20 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 18日

【雑記】この頃の取り組みを発表してきました

今月は2度、プレゼンテーションを行いました。

進学指導講座と銘打たれたこの会で、前任校での話+現任校での話を40分ほど話してきました。進学指導と名打つと、授業外での取り組みに焦点が当たることが多いのですが、授業内での実践事例をいくつか紹介してきました。

アウトプットすることで自分の取り組みを振り返ることができるし、他の参加者の方々からフィードバックも得られる。自分にとっても実りの多い会でした。

話した内容は
1 アウトプット活動について
 ・小テストした単語を使って2文でコンテクストを作り生徒が発表する
 ・教科書の題材を膨らませて、リテルや自己表現につなげる
2 リスニングについて
 ・短めの素材を使って概要把握→1文の正確な把握→ディクテーション
 ・これを毎時間帯活動で行なっている
3 リーディングについて
 ・概要を把握するワークシートと読みを深めるための発問について
4 家庭学習について
 ・英語学習ノート、考査振り返りシートの実践

授業の内容もさることながら、自分は家庭での学習が伸びるか伸びないかの鍵を握っていると思っています。

[PR]

# by jacques_southhill | 2016-11-18 22:52 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 25日

【授業日誌】◯◯秒で要約

講習中に試してみました。

予習済みの英文を段落ごとにペアの片方が他方に指定された秒数で口頭で要約させます。
一通り終わった状態になったら、1ペアを指名し実演させます。
その後こちらから要約で使うべき文を提示し、その後段落内の細部の説明。

この頃テレビ番組で「◯◯秒でわかる◯◯」という類の説明が多くあることにヒントを得ました。今のところ日本語で行っていますが(語法・文法・内容上正確に内容を理解させることを優先させているため)、英語で行うことが今後の課題だと思っています。

記述式で講習で役に立ったことを生徒に挙げてもらいましたが、要約に対する評価が比較的高くほっとしているところです。



[PR]

# by jacques_southhill | 2016-06-25 20:36 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 14日

【授業日誌】今年度初投稿ですね。

今年度、自分が担当する生徒たちも2年次に進級し、コミュニケーション英語Ⅱと英語表現Ⅱを担当しています。本校の2年次はコミュニケーション英語Ⅱを習熟度展開で実施しています。自分は上位者以外の層を3クラス担当しています。現在のコミュニケーションの授業はこんな感じです。

・単語テスト
 単語帳・熟語帳それぞれの見開き1ページずつを毎時間日→英で実施しています。テストが終わった後は出題した単語・熟語を使いペアで口頭英作文。第1回定期考査が終わった現在は文脈を意識し2文を言ってもらっています。その後は次の時間に扱う単語・熟語の発音の確認。いきなりリピートさせずまずは発音をペアで確認してもらっています。45分の授業で15分ほどかけてやっているのですが、考査終了後の振り返りで「役に立っている」と感じている生徒が多い項目です。

・教科書本文
 単語は事前にワークシートにして与えています。今年度からワークシートにその単語を用いた英文を書く欄を設けています。辞書の例文を書き写すこともオリジナルの英文を書くことも認めています。そしてマッピングシートと読んでいる概要把握のためのワークシートを埋めながら本文の内容を確認します。最初は極力1レッスン全部を聞いて(読んで)マッピングシートを補うようにしています。確認は1セクションごと。解説が長くなり過ぎないように端的に内容を把握し、その後は各自で音読したりモデルを聞いて音読したり、スピードを落としたオーバーラッピング。その後でリピーティングを行いながら本文のさらなる理解のための発問を行っています。できるだけ頭を使って考えさせるようにしています。考えたことはペアで必ずシェアさせています。反応を見て正しく理解しているようであれば軽く答えを確認し、深まっていない場合にはヒントを与えながら繰り返しペアで課題解決させます。分かる範囲で考えることを生徒には伝えています。したがって、「わかりません」は禁句です。世の中答えがないことに対し解決を図ろうとすることが常なので。

課題はアウトプット活動にあります。この辺りは次のエントリーで。

[PR]

# by jacques_southhill | 2016-06-14 23:14 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(2)