2016年 02月 19日

【雑記】少しずつ芽が出つつあるかな?

教科の特性もあるが、様々なテスト結果の数値を扱うことが多い。自分はさらに進路担当でもあるので、全教科(英数国)の結果にも触れる機会がそれなりにある。

まずは先月結果が出てきたGTEC。わずか数ポイントの差ではあるが、過去5年間では一番良い結果が返ってきた。ライティングの出来が全体を押し上げた。生徒が結果帳票を手にする前に、学年での集会があったのでしれっとこのことを伝えた。生徒は意外に思っていたようだ。

そして今日模試の結果がリリースされた。今回3回目だが、初回から伸び続けたことが何より大きい。上の層が厚くなり、下の層が薄くなった。地方の学校では伸び続けるのはよくある話だが、現在の勤務校では年度によりばらつきが大きい。

さらに細かく分析し、今後の授業へのフィードバックができればと思う。教員にとっての復習は今までの指導の振り返りと今後の策(指導方針)を考えることだと思っています。

[PR]

# by jacques_southhill | 2016-02-19 18:10 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 08日

【授業日誌】やったから、できた

先週金曜日、自分の担当クラスで毎日やっている単語・熟語の小テストの点数が明らかに悪い生徒が複数いた。一人一人確認すると、「勉強してない」という生徒が多数。時間をとってお説教。

テストでは単語と熟語合わせて10数語から10題を出題する。形式は日本語を聞いて英語を書く形式である。授業では次の回のテストのために音読指導も兼ねて知らない語句をチェックさせ、家庭学習につなげる機会も設けている。「学校に何をしに来ているのか」と問うと、「勉強しに来ている」と返す生徒たち。「勉強してないじゃない」と私は言い返す。

明けて今日。同様に小テスト。結果は良好。今度は一人一人に「やったからできたでしょ」と伝えた。やればできる、とはよく言われる。やればは仮定。だからやらない限りはできない。最初は「やればできるしょ」と言葉をかけていたが、先のように言い換えた。やったからできた、という経験を生徒たちに積んでもらうべく日々精進の道。小テストの後も語彙が定着してこそ本来の目的達成です。

ちなみに小テストの解答はすべて板書し、そのあとペアでその語句を使った一文を披露する超スモールプレゼンテーションを行っています。こちらの取り組みは非常に意欲的です。

この文章は自分のfacebookにアップしたものに加筆してあります。 


[PR]

# by jacques_southhill | 2016-02-08 21:58 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 22日

【授業日誌】文法学習で例文をグルグル

昨年10月から英語表現Ⅰの習熟度別クラスで下位者のクラスを担当しています。この層は中学校で学習した英語が定着しておらず、学習習慣が確立されていない生徒達です。どのようにして伸ばそうかと考えた時、まずは例文を定着させようと考えました。日本語に反応して例文を言えること、毎日勉強する習慣をつけることを目的に導入したのが「グルグル」です。

靜哲人先生の手法をそのまま授業に取り入れています。2016年になり、生徒のパフォーマンスが飛躍的に上がりました。反応速度ももちろんのこと、発音の質が上がったなという実感を持ちました。生徒には「2016モデルはいいねぇ」と言いながら授業を進めています。

これからは1年の学習のまとめの時期にさしかかります。今まで習った英文を言えるように仕向けようと考えています。

[PR]

# by jacques_southhill | 2016-01-22 19:29 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 14日

【雑記】2016年幕開け

2016年が幕を開け2週間が経ちました。明日から当地は学校再開です。明日は実力テストのため授業はないのですが。

今年心がけたいことは次の通りです。

1 語彙・文法といった基礎基本を身につけさせる授業展開
2 生徒にさせる授業展開
3 生徒に考えさせる授業展開
4 考えたことを英語で表明する授業展開

いろいろな英語教育界の流れがありますが、生徒に力をつけさせるという不易の部分を大切にしながら精進します。

[PR]

# by jacques_southhill | 2016-01-14 22:33 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 27日

【授業日誌】C英語Ⅰ教科書本文と関連したアウトプット活動

連投ですね。

今日は自分が担任しているクラスのC英語Ⅰの授業。ALTとのTTで、教科書の内容を元にしたアウトプット活動。題材は辻井伸行の幼少時から現在までの成長を追ったもの。そこで、このようなタスクを考え実際に授業に臨んだ。

課題A:Imagine. You are Nobu’s parents. You know that Nobu is blind. What words do you give him?
課題B:Imagine. You are Nobu. You are blind. What words do you want to get from them?

4人グループを作り、どちらか一方の立場に立って課題に取り組んでもらった。

なかなかアウトプット活動が思うように進められず歯痒い思いをしていたのだが、生徒たちは私たちが思ったレベルを遥かに超える言葉の数々を紡いだ。

今回の目的は次の点に置いた。
1.答えのない問いに対して答えを考えることができる。
2.それぞれの立場から「言葉」を考え英語で伝えることができる。

ブレインストームの時間。最初は10分に設定したのだが生徒たちの要望もあり5分さらに延長。その最中、辞書を引いて自分が使う言葉を検索する者、単語帳(本年次ではMEW Expansion 1400を使用)から語いを見つけ出そうとするもの。使える語いを探すべく教科書本文に当たるもの、教員に英語を使って質問する者等、前期には見られないほどの積極性を見せてくれた。

そして発表。親の立場から5グループ、Nobuの立場から5グループ発表。45分授業のうち正味30分強を使い時間内に活動が収まった。生徒の言葉の数々があまりに良かったので生徒が作った英文を即回収し、パソコンで打ちなおした。(データは後日アップしたいと思います)

今回は特別なワークシートを一切用意せず、Oral Instructionで説明し、グループにA4用紙1枚を渡して活動を行った。これで活動が成立することがわかったのが大きな収穫。

本校の生徒は非常にシャイである。そのため前期はなかなか考えた活動がうまく機能しなかった。入学から半年、試行錯誤しながらではあるが、生徒たちのがんばりに一筋の光を見た思いがした。ALTも非常に感激したようで、その様子に今日の我がHRの日誌にも「褒められて嬉しかった」と正直な言葉が記されていた。毎日発行している学級通信に私は感謝の言葉を綴った。





[PR]

# by jacques_southhill | 2015-10-27 22:27 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)